オペラ座の怪人

こんにちは!事務のやまきです。

ここ数日は雲ひとつない所謂秋晴れというやつですね!

秋の空は個人的に四季の中で一番好きな空です。

連日晴れていて、あてもなく外に出たくなってきます(笑)

 

さて。

タイトルをご覧になって理解してくださる方もいらっしゃるかと思うのですが、先日劇団四季のミュージカル、『オペラ座の怪人』の公演を友人と見に行ってきました。

劇団四季といえば日本でも有数の劇団ですね。

今回仙台で公演された『オペラ座の怪人』は長く劇団四季で演じられている演目で、初めて公演されたのは21年前なんだそうです。

7000公演上演されているんだとか。

すごいですよね。

それだけ多くの人から愛されている演目なのでしょう。

劇団四季の公演は両親が好きで子供の頃から何度か観に行きました。

『キャッツ』『美女と野獣』などどれも本当にすごくて!

その度に感動してはもう一回見たい!と思う作品ばかりなんですが。

今回の『オペラ座の怪人』も本当にすごかったです。

『オペラ座の怪人』はガストン・ルルーというフランスの作家の小説が原作で、オペラ座の舞台で起こる不可解な事件をきっかけに繰り広げられる物語です。

舞台、衣装は豪華で立派で、音楽もすごく素敵で!

何より出演されている役者さんの声量と演技が素晴らしくて!!

友人と二人で終わってからずっと感動していました。

 

長く続く公演ですから内容の話を深くできないのが本当に残念です!

1月の半ばまで公演しているそうなので気になる方は是非行ってみてくださいね!