腰を反る時や仰向けで寝るのがツラい方へ。まずは太ももを伸ばしみましょう

こんにちは!

ふくしま接骨院の服部です!!

 

 

1月も半分が過ぎ、大分生活リズムが戻ってきてるのではないでしょうか??

 

寒さが厳しい中、仕事が本格的に始まり、腰が痛い方も多くなっていらっしゃいます。

 

本日は自宅で簡単に出来る治療法をご紹介していきます。

 

特に

☑︎腰を反ると痛い

☑︎仰向けで寝ると痛い

☑︎朝起きる時に腰が痛い人

 

という方は、要チェックです。

ぜひこれから紹介する調整をやってみてください。

 

まず、伸ばして欲しい筋肉がこちらになります↓↓↓

[大腿直筋]という筋肉になります。

骨盤から膝の下にかけて付いている筋肉になります。

大腿直筋は、歩く動作や走る動作をはじめ多くの日常生活動作に関与します。
大腿直筋は股関節を曲げるでもあるのであまりこの筋肉が弱化すると腿を高く上げることができなくなります。

また、膝を伸ばす時にも関与する重要な筋肉です。

 

この筋肉は骨盤から膝の下にかけてついている筋肉になります。

このが硬くなってなってしまいますと骨盤を正常な位置よりも前傾させてしまいます。

大腿直筋は力が強い筋肉ですのて骨盤をかなり前傾させます。

骨盤が前傾しますと、骨盤と腰骨の角度が変わってきてしまい、反り腰の状態になりす。

上記のイラストを見ていただくとわかるように、反り腰になると、骨盤の上にある腰骨のカーブがキツくなります。

こうなると、腰を反った時に必要以上に腰骨が反る為痛みがでます。

また、足を伸ばして仰向けで寝ていてると、大腿直筋の牽引により余計に腰骨が反ってしまい痛くなります。

 

太ももの筋肉の硬さが腰痛の原因になっているんですね。

 

では、腰痛の原因になっている大腿直筋の硬さを緩めて腰痛を改善していきましょう。

 

やり方はとても簡単です。

 

まずはこのように片足を曲げてください。

膝を痛めないように、つま先は内側に向けてください。

※膝に痛みが出る方は中止してください。

曲げている足と反対側の膝を床につけます。

こうすると膝を曲げている太ももの前側が伸びると思います。

この状態でもまだ伸ばせそうな場合はそのまま寝てみてください。

この状態で20秒から30秒キープです。

ゆっくり呼吸をしてリラックスしてくださいね。

 

実際に行ってみると太ももの前側が伸びるを感じれると思います。

 

腰を反らせる時や仰向けがツラい方はぜひ試してみてくださいね。

雪かきによる腰痛に注意ですよ!

こんにちは!

ふくしま接骨院の服部です!!

 

雪が降ってますね〜(T ^ T)

 

朝起きて外を見ると一面真っ白☃️

 

オーマイガーです(・・;)

 

これさ早く出勤しなくては!

 

降り始めなので凍ってはいませんが、年末の雪が凍っている箇所もあるので転倒と交通事故に要注意です。

 

 

 

 

さて、

 

 

雪が降るとやらなくてはならないのが雪かきですよね。

 

僕も良くやりますが、雪って以外と重いし、人力でやるのは結構なハードワークですよね。

 

その為、雪かき中はもちろん、雪かきの後に腰痛になる方が非常に多いです。

 

昨日いらっしゃった患者様も、職場の雪かき中に腰を痛めてしまい、立っているのが困難になり、お尻が常に痛くなってしまったとのことです。

その後1週間経過してもまだ痛いとこのと。

 

また、別な患者様も職場の雪かきしていたら徐々に腰が痛くなり、我慢出来ずに当院にいらっしゃいました。

 

雪かきは腰痛を起こす要因が盛りだくさんなので注意が必要な作業になります。

・低温の中で作業する

・無理な姿勢で力を使う

・前傾姿勢で作業する

・滑りやすい場所での作業の為、全身に力が入ってしまう

 

などなど

 

 

特に腰痛持ちの方は高確率で腰痛が悪化しますので、雪かきは避けて欲しいのですが、どうしてもやらなくてはいけない時がありますよね。

少しでも腰痛を防ぐ為に、雪かきを始める際は以下の事に注意しながら作業しましょう。

 

☑︎コップ一杯の水を飲む

水分が不足した状態ですと筋肉の緊張が強くなってますので、まずは水分を補給しましょう。特に冬季は身体の内側も乾燥しやすくなりますので必ず水分を補給してください。

☑︎準備体操をする

面倒だけど必ず準備体操してください。

これだけで全然違いますよ。

雪かきは全身の筋肉を使いますので、筋肉と関節の動きを良くしてから作業に取り組みましょう。

特に、ラジオ体操のような反動を少しつける準備体操がおススメです。

☑︎少しずつ雪を動かす

地味な事ですけど、かなり大事です。

人力で雪かきを行なっていると、少しでも早く終わらせたくなるんですよね。

その為、少しずつ無理をして作業してしまうのですが、かなり危険です。

焦らずに雪かきしてください。

 

 

とはいえ、

万が一腰痛になってしまった時はすぐに当院にご相談ください。

 

痛みを我慢したま生活していると、変な姿勢で動く為、徐々に身体が歪んでしまい、中々治りにくくなりますので!!

 

歩いている時に膝と腰が痛い人は足の指に集中

こんにちは!

 

ふくしま接骨院の服部です!

 

年が明けてから少しずつ日が長くなってますよね😊

 

16時を過ぎてもまだ明るいと嬉しい気持ちになります☀️

 

もっともっと日が延びて欲しいです!

 

ただ、朝は日が昇るがまだ遅いですね(・・;)

 

通勤の際も薄暗いので運転に気をつけてください。

今朝、4号バイパスとでトラックと普通車の大きな交通事故をみました(T ^ T)

 

 

 

さて、お正月中に色々とお出かけされましたか?

 

僕は金沢をブラブラと歩いてました🚶‍♀️

 

金沢はとても雰囲気のいい街でまた行きたいです😊

 

ただ、車はあまり使わずに兼六園や近江市場などを散策してたのですが、しばらく歩いていると左膝に違和感が出てきて、さらに歩くと腰が少し痛くなってきてしまいました(・・;)

 

なんでかな?

 

普段歩いていてもどこも痛くないんですけどね。

 

うーん、どこが原因でこうなっているんだろうか??

歩くと痛いので、ゆっくり歩きながら痛みがでる原因を探してみます。

 

大臀筋かな?

大腿四頭筋かな??

大腰筋かな???

自分で色々分析していて原因に行き着きました。

 

 

 

 

足首が動いてなかったんです。

 

普段あまり履かないブーツを履いていて、足首をほとんど動かさずに歩いていたんですね。

 

歩く時は体幹、股関節、膝関節、足関節が連動して歩くのですが、足首までしっかり覆うブーツを履いていて足関節の動きが止まってしまい他の関節の負担が増加して膝関節や腰に痛みがでてしまってました。

 

なので、歩く時に足の指で思いっきり地面を蹴るようにして足首をしっかり動かして歩くと膝や腰がかなりラクになります。

 

各関節がしっかり連動し始めたんですね。

 

みなさんも、歩く時に膝や腰が痛いなと感じた時は自分の足首の動きを意識してみてください。

 

痛みが出ている時は足首を動かさないで歩いていることが多くなります。

 

しっかりと足の指で地面を蹴るように歩きましょう😊

 

 

 

 

 

 

ぎっくり腰になってしまった方へ

こんにちは!

ふくしま接骨院の服部です!!

今年も残り11日です!!!

 

2週間切ってますよ(・・;)

 

早いですね〜

 

みなさんはどんな一年でしたか??

 

昨夜お越しいただいた患者様に

『服部先生は素敵な一年になりましたね』と言われてハッとしました。

 

妻との入籍

親族と一緒に旅行

伊藤先生との出会い

 

今年は本当に『人』に恵まれた素敵な一年を過ごすことが出来ました。

今後も技術を磨いて、一日でも早く患者様が痛みから解放される日を送れるように励みたいと思います。

 

さて、年末ということで忘年会や仕事、育児家事でみなさん疲労が蓄積していませんか?

 

全身の筋疲労はギックリ腰を起こしますので要注意です!!

 

特にこの時期は

・寒暖差

・筋疲労

・忘年会や仕事による内臓疲労

 

これらが重なりギックリ腰か多発します。

 

『治療院に行きたいけど、仕事や家事を休めず行けない』

そんな方に、ギックリ腰の対処法をご紹介します。

まず、ギックリ腰になってしまった場合は、これが一番大切です↓↓↓

 

『冷静に考える』

 

ギックリ腰は、突然現れるあまりの痛みに焦りや不安が爆発します。

 

10年以上前ですが、僕の母はギックリ腰になり救急車を呼んだことがあります。

 

母は看護師なのですが、初めてのギックリ腰でパニックになってしまったんですね。

強い痛みは冷静さを奪います。

一日でも早く痛みを緩和させるには冷静に自分の身体を確認することが大切です。

それはいきましょう。

 

 

①まず、痛みが増える動きを最低限確認していきます。

例としては右手、左手、右足、左足の順番にゆっくりと手足を動かしてみてください。痛みが増える箇所もあれば、変わらないところもあるはずです。

手足の動きを確認したら、今度はゆっくりと身体の向きを変えていきましょう。

この際に一番痛み和らぐ姿勢を探してみてください。

ギックリ腰は、横になって寝ている姿勢が楽な人もいれば立っていると楽な人、座っていると楽になる人など様々です。

出来るだけ楽な姿勢を見つけられると、ゆっくりと考えることができますし、痛みが引くのが早くなります。

 

②出来るだけ水分をとる

 

全身の筋疲労によりギックリ腰が起きていますので、ガンガン水分をとって老廃物を流し、体液の循環を良くしてあげてください。

 

③熱めのお風呂に入る

 

筋肉は温めてあげると血管が拡張し回復が早くなります。

繰り返しますがギックリ腰は全身の筋疲労によって起きていますので、いつもより熱めのお風呂に入って筋肉を回復させましょう。

 

④足踏みをする

 

ギックリ腰になると身体を曲げ伸ばしするのが痛いので、身体を動かすことが怖くなります。

しかし、じっとしたまま横になっていても痛みはひきません。

 

関節も固まってしまいますので。

 

ギックリ腰になった時には可能な範囲で足踏みしてください。

 

やり方は以下の通りです。

まず、壁や机に手を置き体重をあまり足にかけないようにします。

その状態のまま我慢出来る範囲でゆっくり足踏みしましょう。

 

こうすることで、腰痛の一番の原因になる大腰筋が動かされ、腰の曲げ伸ばしと同じ効果を得られますので早く痛みが緩和していきます。

家族や友達が近くにいる場合は、骨盤をギュッと圧迫してもらいながら足踏みすると更に効果が上がります。

 

まとめ

①冷静になる

②楽な姿勢を探す

③水分を多く補給する

④熱めのお風呂に入る

⑤足踏みする

 

以上です。

 

わかりにくい場合はお気軽にLINEやお電話をください😊

 

今年も残りあと少しですが、交通事故や風邪に気を付けてくださいね!!

 

バレーボールのレシーブの際に腰が痛いならここをストレッチしてみて!

こんにちは!

 

ふくしま接骨院の服部です!!

 

先日、国外運転免許の申請に行った際に、TUFの近くにある『茶寮 吉芳』にてランチして来ました😊

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/fukushima/A0701/A070101/7008349/top_amp/%3Fusqp%3Dmq331AQGCAEoAVgB

美味しいという噂を良く聞いていたので、当日予約が取れないかなと思っていましたが、すんなりと入店できました✌️

 

シャケとイクラの輪箱飯をいただきましたが、ふっくらしてて美味しかったです🐷

 

売り切れだったのですが、月替わりコースも美味しそうでした!

 

みなさんもぜひランチやディナーに足を運んでみてください😊

 

 

さて、

 

本日は、バレーボールをしていて腰が痛い方の治療をご紹介します。

 

先日治療させていただいた患者様は、(女性)

股関節の治療をメインに行なっていたのですが、バレーボールの際に、思いっきり高くボールを上げるようにレシーブすると腰が痛いとのことでした。

 

その場でレシーブを上げる動きをしていただくと、左のお尻から腰のあたりが痛いと。

お尻や骨盤の筋肉を調整してみても痛みがでるとのこと。

太ももや股関節の動きを良くしても痛みがでます。

 

さて、みなさんはどこが原因で痛みがでていると思いますか?

 

ヒントは腕を上げると腰やお尻が痛くなります。

 

 

正解はこの筋肉でした。

 

↓↓↓

 

『広背筋』です

 

上の画像の青いところの筋肉です。

 

非常に大きく、使用頻度が高いので疲労がたまりやすい筋肉です。

 

物を引く時に使う筋肉なのですが、長時間のデスクワークや車の運転などでも硬くなります。

 

この方は立った状態で広背筋を調整してみたところ、その場で痛みがなくなりました。

 

みなさんも腕を上げる時に腰まわりが痛い時は広背筋をストレッチしてみてください!

少しでも痛みが減れば広背筋が痛みの原因になっている可能性が高いです。

広背筋のストレッチのやり方はこちらになります。↓↓↓

 

腰を捻ったり反らせると痛いなら

こんにちは!

 

ふくしま接骨院の服部です!!

 

先日たテレビを見ていたら、楽器を演奏している方は認知機能が高く、認知症になりにくいという番組が放送されてました。

 

楽器を演奏している方って素敵ですよね🎶

 

 

最近ギター練習をしばらく休んでいたので、再開しようかなと思います 笑

 

 

さて、

 

今日は腰痛の原因となる筋肉をご紹介します。特に身体を捻ったり反らせる時に腰に痛みが出る方の原因となっている筋肉です。

 

その筋肉はこちらです

 

↓↓↓

 

 

 

『多裂筋』

 

 

 

背骨の一つ一つに付いている筋肉で、身体の深層にある筋肉です。

 

この筋肉が働くと、背骨を左右に捻る、腰を反る、左右に曲がるという動きをします。

 

また、それ以外の動きにも少しずつ関与しています。

 

 

ずっと腰が痛い、寝返りをするのが辛い、姿勢を良くすると腰痛いといった症状がある方は多裂筋か原因になっている可能性があります。

 

また、ヘルニアや滑り症の場合も多裂筋が原因で痛みがでていることが多いです。

 

簡単なストレッチのイラストをご紹介しますので、このストレッチを行なって痛みが少しでも減少した場合は多裂筋を治療する必要がありますので試してみてください!!

太ももの内側を伸ばしてみてください

こんにちは!

 

ふくしま接骨院の服部です!!

 

冬の寒さを感じるようになりましたがみなさん体調はいかがですか??

 

当院ではオイルヒーターを設置してみました😊

ずっと気になっていたのですが、かなり良いですよこれ!

熱風が出るわけではないのですが、ジワ〜っと暖まります。

木漏れ日の中に日が差すような感覚で非常に気に入ってます🌞

 

自宅にも購入しようかなと思うこの頃です!

さて、

今日は太ももの内側の筋肉のお話をしていきます。

 

お相撲さんなどが股割りする時に伸びる筋肉です。

 

この筋肉は股関節を内側に動かす筋肉なのですが、硬い人が非常に多いです。

 

また、特徴として疲労を溜め込む筋肉となっています。

 

☑︎ずっと腰が痛い人

 

☑︎座っていると腰が痛くなる人

 

☑︎腰やお尻もストレッチしても痛みが取れない人

☑︎寝ていて起き上がる時が痛い人

 

☑︎横向きで寝て起きると腰や股関節が痛い人は

内転筋が原因になっていることが考えられます。

 

内転筋は骨盤から足の骨に付いている筋肉ですので、硬くなると骨盤や腰に影響がでてきます。

 

ストレッチで痛みが緩和することがありますので写真のようなストレッチを試してみてください。

ストレッチの手順

1  両足の裏を合わせた状態で身体を前に曲げていきます。

 

2  身体を曲げた状態で深呼吸を5回行います。

 

3  最初の姿勢に戻ります。

 

上記を3セット行いましょう。

 

 

いまいちやり方がわからない時は、お気軽に当院にお問い合わせください😊

024-502-6612

LINE@ cdr9278w

 

 

 

 

 

腹斜筋が原因の腰痛が増えてます

こんにちは!

 

いよいよ10月になりましたね!!

 

 

今年も残すところ3ヶ月です😊

 

早いですね〜

 

 

 

 

 

 

ホントに早いですね〜    笑笑

 

 

 

さて、

 

 

 

今日はですね

 

最近の患者様の腰痛の原因に特に多い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[腹斜筋]が腰痛の原因に関わっていますよということを書いていきます!

 

(上の絵の青い筋肉)

 

 

腹斜筋とは

 

肋骨から骨盤に着いている筋肉です。

 

 

この筋肉は左右に一つずつあり、

 

左右両方の腹斜筋が同時に収縮すると、腹部を圧迫しながら背骨を前に曲げます。

(おじぎする動きです。)

 

右の腹斜筋が収縮すると

体を右横に倒しながら右に身体を捻ります。

 

左の場合は反対になります。

 

 

腹斜筋は上の絵を見て分かるように、とても大きい筋肉です。

その為、非常に力が強いです。

 

また、腰の動きに大きく関わっています。

 

 

 

⚠︎下記に一つでも当てはまる方は腹斜筋が腰痛の原因になっている可能性が高いです。

 

☑︎ 前かがみでの作業や生活が多い

 

☑︎物を持って右や左に動く

 

☑︎物を持ち上げることが多い

 

☑︎寝返りが痛いorツライ

 

☑︎身体を捻ることが多い

 

☑︎コルセット(腰のサポーター)をすると腰が少し楽になる

 

これらに一つでも当てはまったら

 

[腹斜筋]が原因になっている可能性大です

 

先日当院にいらっしゃった患者様は

 

農家の方で

 

果物の収穫と選別をやっている際に腰が痛くなったとのこで来院されました。

 

前屈と身体を捻ると腰が痛く、寝返りもツラいとのこと。

 

腹部の緊張が強いということと、痛みの発生機序から腹斜筋が怪しかったので、腹斜筋を調整するとかなり動きがよくなりましたよ😊

 

また、

その後に来たデスクワークの方も腹斜筋が原因でした。

マウスを使ったり、身体を捻って画面を見ていても腹斜筋が硬くなってしまいます。

 

あとは、看護師や介護士の方も腹斜筋が硬くなりやすいです。

患者さんを介助したり移乗させる時に腹斜筋がフル稼働してるんですね。

その他には配送業の方や美容師の方、または育児をしている方

 

とにかく腹斜筋を酷使している方が非常に多いです。

 

※腹斜筋を硬くなると肋骨の動きが低下しますので五十肩や肩こりにもなります。

 

 

あなたの腹斜筋は硬くなっていませんか??

 

もし、腰を動かして痛い時は、脇腹を思いっきりつまんで身体を動かしてみてください。

 

脇腹をつまんで動くと痛みが減る場合は、   腹斜筋が痛みの原因になっている可能性が高いですよ☝️

 

ふくしま接骨院

 

服部 誉司

 

024-502-6612

 

 

 

 

 

 

秋のギックリ腰

 

こんにちは!

 

院長の服部です!!

 

気温も下がり過ごしやすくなりましたね😊

 

日に日に暗くなる時間も早くなり、秋の訪れを感じます🍁

 

紅葉を観に安達太良山登山に行きたいものです🧗‍♂️

 

さて、

 

 

いよいよギックリ腰が多発する時期がやってきました💀

 

 

夏が終わると途端にギックリ腰や腰痛の方が増えます。

 

特に、

 

慢性的に腰痛持ちの方は症状が悪化しやすくなる時期です。

 

 

みなさん気をつけてくださいね。

 

 

では、

 

 

なぜギックリ腰や腰痛の症状が悪化する時期なのでしょうか??

 

 

 

 

寒いから?

 

 

 

乾燥するから??

 

 

 

答えはこれです

 

↓↓↓

 

 

 

腎臓です

 

 

上の画像は身体の後ろから腎臓を見ています。

 

右側は肝臓があるため、腎臓の位置がやや下がっています。

 

 

では、

 

なぜ腎臓と秋のギックリ腰が関係するのでしょうか??

 

これを見てください

↓↓↓

 

青く光っていて、そら豆状のものが右側の腎臓です。

 

そして、腎臓のすぐ後ろにあるのが大腰筋になります。

 

大腰筋が硬くなればなるほど腰骨に負担がかかり腰が痛くなります。

 

そんな大腰筋ですが、腎臓のすぐ後ろに位置しておりますので、腎臓が重くなり背中の方向に下がってくると、大腰筋に乗っかってしまうため硬くなります。

 

つまり、

 

腎臓が疲労して重くなり、背中の方に下がってくる

大腰筋を腎臓が圧迫する

大腰筋が硬くなる

腰骨に負担がかかる

腰が痛くなる

 

 

というメカニズムになります。

 

 

 

夏は汗をかくことにより身体の水分を調整していますが、秋になり涼しくなると汗の量が減少しますので、腎臓で水分をたくさん調整するようになります。

 

そうなると、腎臓の負担が大きくなり腎臓が重くなってしまいます。(内臓も筋肉なので、働けば働くほど硬くて重くなります)

 

そして、先程のメカニズムによりギックリ腰や腰痛の症状が発生するのです。

 

 

 

恐いですね💦

 

 

 

腰痛はほんとに切ないですから

 

 

 

ここで、

 

 

簡単に秋のギックリ腰を予防する方法を2つご紹介します。

 

 

1.しっかり水分を補給する

 

水分量が少なければ少ないほど腎臓に負担がかかりますので、しっかりと水分量補給するようにしましょう🥛

 

2.適度に運動(ラジオ体操など)する

 

 

寒くなってくると身体を動かすのが億劫になってしまいますが、適度に運動を取り入れて発汗を促しましょう🏃‍♂️

発汗により、腎臓の負担を減らすことができます。

また、筋肉や筋膜の柔軟性も向上します。

 

おススメはラジオ体操です😊

 

非常に気持ちいいですよ!!

 

 

 

 

みなさん、秋のギックリ腰にはくれぐれも注意してくださいね!!

 

万が一、腰を痛めた場合は

 

福島市の腰痛専門院の

 

「ふくしま接骨院」に

お問い合わせください😊

☎️024-502-6612      →    9:00~20:00

LINE@    🆔cdr9278w  →24時間受け付け

 

7月22日 勉強会in東京

こんにちは!

 

院長の服部です!!

 

今日は勉強会で東京に来ております🚅

聞き飽きていると思いますが非常に暑い 笑

 

そう

 

ATU I

 

僕が小学生の頃は夏というと28度くらいをイメージしていましたが、最近は38度もザラです(⌒-⌒; )

 

洗濯物は即乾くので嬉しいのですが、暑過ぎのはやはり身体にこたえますね(T ^ T)

 

さて、本日は東京でこれから内臓の調整を練習してまいります。

 

長引く腰痛には必ず内臓が関わってきます。

 

ブログでも書かせていただいてますが

(腎臓や他の臓器についてもこれから書いていきます)

 

痛くなる時間帯や、症状によって原因の内臓がわかります。

 

中々良くならない痛みにら内臓が高確率で関わっていますので、是非参考にしてください。

 

では良い週末を!!