むち打ちに肩甲骨剥がし

こんにちは!

ふくしま接骨院の服部です!!

今日はあいにくの天気ですね☔️

洗濯物が乾きにくい日は乾燥機君が活躍します😊

さて、

連日メディアで交通事故関連のニュースが取り上げられていますね。

雨の日は交通事故に要注意です。

また、こんな天気の日はむち打ちの症状が悪化しやすくなります。

当院ではむち打ちで辛い思いをされている方に1分でも早く楽になれるよう、むち打ち治療に肩甲骨剥がしの治療を取り入れてます。

むち打ちになってしまうと、首を支える靭帯が緩くなってしまい首の安定性を保持する為に首の筋肉がガチガチになります。

特に首の骨は細いですので余計に筋肉が緊張します。

この状態で首の筋肉を直接マッサージしてしまうと、首の筋肉が更に硬くなってしまうということが起きます。

マッサージしたほうが硬くなることもあるんです。

では、どのようにして首の骨の負担と筋肉の緊張を改善してけば良いのでしょうか??

今回はこちらをご紹介します⤵︎⤵︎⤵︎

治療するポイントは『肩甲骨』です。

肩甲骨には首と肩、更には腰の筋肉まで色々な筋肉が着いています。

特に、むち打ちで首の動きが悪い状態の場合は肩甲骨を治療する必要があります。

本来、肩甲骨は肋骨の上に乗っかっているだけですので、肋骨の上を自由に滑走します。

肩甲骨の動きを良くしてあげると首の筋肉の動きが活性化します。こうなると、首の骨の負担や、首の周囲の血管の血流が良くなりますので、かなり楽になります。

首の筋肉に直接電気をかけても症状が改善しない方、むち打ちが辛い方は一度ご連絡ください。

LINE@ cdr9278w

☎︎024-502-6612

交通事故

こんにちは、ふくしま接骨院の伊藤です。

ある患者様がおっしゃっていたのですが、最近交通事故がとても多いと聞きました!

連日、TVでも悲惨な事故が続いてますね。

ちょっとした油断が大事故に繋がってしまいます。

交通事故による怪我は早めに治療しないと一生痛みと付き合っていくことになるかもしれません。

ふくしま接骨院では交通事故による治療も行っていますので、お困りの方は是非相談にいらしてください。

交通事故治療の内容

こんにちは!

ふくしま接骨院の服部です!!

いよいよ平成が終わり、令和元年がスタートしていますが、カルテを記入する際についつい平成31年と書いてしまいます(・・;)

 

さて、最近ニュースを見ていると交通事故のニュースが多いですね。

 

事故の瞬間の映像も鮮明に放送されています。

 

この事故怖いなと思うのと同時に、僕もドライブレコーダーを付けなくてはと考えさせられます。

 

一瞬の不注意ですが、一歩間違えると大変なことになりむすので、ハンドルを握っている時は運転に集中しましょう。

 

当院では、腰痛の患者様以外に交通事故にあってしまった方の治療も行なっています。

 

本日は交通事故の患者様の治療内容についてご紹介します。

 

まず、

 

交通事故の外傷で多い部位はこちらになります。

1   首

むち打ちになってしまい痛みで首を動かすことが辛くなります。頚椎(首の骨)の周りの筋肉や靭帯を損傷することが多く、頭痛を併発することまあります。

 

 

2 肩

肩をあげるのが困難になったり、安静にしていてもズキズキすることがあります。

また、肩甲骨まわりが苦しくなるといった症状もみられます。

3  腰

事故の衝撃で腰の負傷も良くみられます。

 

前屈や後屈が出来なくなってしまう。

立っている時、座っている時に痛みがでてくる。

寝ている時に痛みで目が覚めるなど、腰は様々な症状がでてきます。

重症な場合はお尻や足に痺れを併発することもあります。

4 股関節

車での事故の際に、ダッシュボードや前部座席などに膝をぶつけてしまい、その衝撃が股関節に伝わり股関節を負傷することがあります。

また、バイクでの事故で股関節は損傷しやすいです。

 

歩くことが辛くなったり、段差をこえるのが困難にらなったりと、日常生活に大きく影響がでてしまうことが多いです。

 

また、股関節の動きが悪くなり腰痛や足の痺れを併発することもありますので適切な治療が大切です。

5  膝関節

股関節と同様に衝撃の際にダッシュボードや座席に強打してしまい損傷します。

歩行時痛や夜間痛、運動制限などが発症することがあります。

 

 

~どのような治療をするのか~

 

交通事故の治療はじっくりと進めていく必要があります。

 

当院では電機治療やウォーターベッドに寝ていただいて終わりというような流れ作業の治療はありません。

患者様の状態をしっかりと検査してから治療計画を立てていきます。

 

治療の経過をみていくのに大きく三段階に分けて計画していきます。

❶まず一つ目は、可能な限り痛みを取り除くことから始めます。

痛みが強い状態が続くと、日常生活に支障をきたすのはもちろん、睡眠の質が低下しますので治るスピードが遅くなります。

筋肉の緊張を丁寧に取り除きながら痛みを改善させ、まずはゆっくり眠れるお身体になるようケアしていきます。

当院は手技の質が全然違いますので、施術を受けていただくとお身体の変化に驚かれると思います。

 

❷関節可動域の改善

 

痛みが少しずつ緩和してきたら、今度は可動域を改善させていきます。

事故の痛みにより筋肉が緊張していると、関節の動きが少なくなり可動域が著しく狭くなります。

また、可動域が低下すると、筋肉の動きが少なくなりますので痛みの戻りや血流の低下が起こりますので可動域の改善は必須です。

自宅でのストレッチ方法もしっかり指導させていただきますので、治療効果が継続します。

 

❸ 細かい症状のケア

交通事故にあうと、打撲や捻挫といった目に見える外傷と、頭痛やだるさ、痺れ、違和感など、目に見えない症状があります。

○他者から目に見える症状

打撲

捻挫

骨折

これらは腫れていたり、熱感があったりと目に見える症状ですので、他者から見て痛みや怪我の程度が分かります。

しかし、交通事故による外傷は目に見える症状だけではなく、目に見えない(レントゲンやMRIに映らない)症状がでてきます。

実はこの目に見えない症状の治療が交通事故治療で当院が選ばれている理由になります。

病院では画像に基づいて治療が行われますので、画像に映らない症状については痛み止めでの対処となってしまいます。

●他者から目に見えない症状

頭痛

めまい

痺れ

だるさ

違和感

これらの症状は不定愁訴(ふていしゅうそ)と呼ばれ、画像診断や血液検査などに異常がみられず原因がよくわからない症状となります。

特に交通事故のような不意の衝撃による外傷の際によく見られます。

この不定愁訴の治療は単に筋肉や関節だけでなく、こまめにお身体の状態を伺いながら、細かな状態の変化を診てい必要があります。

当院では不定愁訴の治療も日々研究しており、頭痛やめまい、違和感などを少しでも改善できるように治療を行っています。

 

交通事故にあってしまい病院に通っているが、中々お身体の痛みや違和感が改善されない方は多くいらっしゃいます。

当院では一人でも多くの方のお身体をケアしていきたいと考えており、きめ細かな治療と待ち疲れのない治療を心がけております。

 

交通事故にあってしまた場合は当院へご相談ください。

024-502-6612

10連休スタート😊

こんにちは!

 

ふくしま接骨院の服部です!!

 

いよいよ10連休が始まりましたね😊

 

連休はらずっと海外旅行に行くという方も多いみたいです🛩

 

今朝いらっしゃった患者様も今日の午後からイギリスへ夫婦で旅行に行くとのことです✈︎

 

さて、10連休で日本中が大騒ぎですが、海外の方からするとそこまで長い休みではないみたいですね(・・;)

国によっては数ヶ月休むことも普通だとかなんとか……

 

日本人は働き過ぎなのかな(⌒-⌒; )

 

さてさて、連日ニュースで取り上げられている高齢ドライバーによる交通事故。

被害者の方の会見は見ているのがとても辛かったです。

旦那様の現在の心境を察すると本当に辛いものがあります。

今回は高齢者の運転がフォーカスされていますが、福島のような公共交通機関があまり発展していない地域だと車のない生活はあまりにも不自由ですので、一概に高齢者の運転を抑制するのも難しいと思いますし….

事故は一瞬ですが、償いは一生ですからね。

 

連休は特に交通事故に気をつけてください。

 

先日、女性の方から当院に問い合わせがあり、交通事故にあってしまったのですが、治療していただけますか?とのことでした。

 

事故にあってから2日目とのことでしたので、すぐに医療機関を受診していただき、病院と当院を併用してお身体をケアしていきましょうとご案内させていただきました。

意外と接骨院や整骨院で交通事故治療が受けれることが知られていないのが現状です。

僕自身も学生の頃に交通事故にあい、整形外科と接骨院でむち打ちを治療していただきました。

実際に治療を受けると分かることなのですが、むち打ちや事故による痛みはしぶとく、電気治療だけではなかなか良くならいことが多く、やはり徒手的な治療のほうが予後が良いです。

 

みなさんも万が一交通事故にあってしまった場合はすぐに当院に問い合わせてください。

 

些細な疑問でもしっかりと説明させていただきます😊

では良い連休を!!

交通事故にあったら必ず○○を

こんにちは!

ふくしま接骨院の服部です!!

4月も下旬になり、もう少しでゴールデンウィークに突入しますね!!

 

みなさんはどこかお出かけされますか?

10連休を利用して海外旅行に行く方も多いみたいですね🛩

当院は5月1日(水曜日)から6日(月曜日)までお休みとさせていただきます😊

 

遠出は厳しそうですが、バーベキューなどアウトドアを楽しみたいなと思ってます🍻

 

さて、長期連休中に気をつけていただきたいのが交通事故です(T ^ T)

 

長時間の運転や疲れなどから事故を起こしてしまうことや、追突されてしまうことがあります。

 

万が一事故を起こしてしまったとき、追突されてしまった時はすぐに警察に連絡したくださいね。

そして、大事なことは必ず医療機関を受診し、MRIを撮ってください。

その時は何ともない状態でも、後から痛みがでたり、骨に異常をきたしていることがあります。

実際に当院に交通事故治療で通院されている患者様も、事故にレントゲン画像では異常がなかったのですが、MRIでは交通事故の衝撃による骨の異常が見つかったという例があります。

 

事故後に痛みがある時はもちろん、少しでも違和感がある場合は必ずMRIを撮るようにしましょう。

思わぬ損傷がある時があります。

 

当院では病気や整形外科と併用して通院していただけますので(交通事故の場合自己負担0円)交通事故にあってしまった場合はすぐにご相談ください。

 

それでは交通事故に気をつけてゴールデンウィークを思いっきり楽しみましょう〜😊

 

 

 

 

 

 

 

 

交差点では注意

こんにちは!

 

ふくしま接骨院の服部です!!

 

各学校の入学式も終わり、徐々に授業も平常通り進んでいるらしいですね🏫

 

当院の前の道路も黄色い帽子の小学生や、真新しい制服を着た高校生、短大生などが通学していて、学校の先生ご交通誘導をする姿があります。

 

また、市役所や裁判所などに通勤する方もたくさん通っています。

 

当院の近くの道路は交差点が多く、一時停止をする箇所が多いのですが、優先道路には一時停止の標識がありません。

その為、一時停止に気付かずに交差点に進入してしまうと優先道路を走行する車のブレーキが間に合わずに衝突してしまう事故が多発しています。

 

交通事故に巻き込まれないように以下のことを注意しましょう。

・交差点に進入する際は一時停止の標識を確認する。

・優先道路を走行する際は、交差点の前ですぐに止まれるスピードに抑える。

・歩行者が飛び出してくることを予想して走行する。

 

新年度になり色々な変化によってお身体が疲労してくる時期になります。しっかりと睡眠をとり、ハンドルを握ったら運転に集中しましょう😊

 

万が一交通事故にしまった場合はすぐに当院にご連絡ください!!

むち打ち治療

こんにちは!

ふくしま接骨院の服部です!!

当院の近くの保育園の桜が大分葉桜になってきましたよ🍃

 

今日は風が穏やかで気温も上がっていますので、外でお昼休憩を取って来ました。

車の中はとても暑くですね(・・;)

みなさん、寒暖差で体調を崩さないように服装に気をつけてください!

 

さて、四月も早いもので三週間目になりましたね。

最近は通勤の時に、🔰マークの車をみかけることが多くなりました。

 

誰でも最初は初心者なのですが、日が経つごとについつい慣れて無茶な運転をしてしまうこともありますよね。

 

交通事故は初心者だけではなく、ベテランドライバーの方でお越してしまうこどかあります。また、自分は交通ルールを守っていても追突されてしまったりと、常に交通事故に巻き込まれることが考えられますので、ハンドルを握ったら運転に集中しましょう。

当院では交通事故の患者様の治療も多く行なっています。

 

今日は交通事故の怪我でもっとも多い、

むち打ち

についてご紹介していきます。

むち打ちとは、首がむちのようにしなってしまい損傷することの総称です。

 

自動車での交通事故の場合、視覚から追突された場合など、身構えずに衝撃が加わった時に特に損傷します。

 

首の骨は7個あります。

背骨の中でも首の骨はとても小さいのが特徴です。

この小さい首の骨の上にボーリングの球と同じ程度の重さがある頭がのっています。

小さい骨の上にとても重い頭がのっていますので、常にバランスをとりながら生活しているのですが、不意の交通事故によって衝撃が加わると、首の骨やその周囲の筋肉や靭帯に想像以上のダメージが加わります。

 

首の骨にヒビなどがなくても、筋肉や靭帯は必ずダメージを受けてしまいます。

これがむち打ちといいます。

 

むち打ちになってしまった場合の症状は以下のような感じです。

  • 頭痛・疲れやすさ・不眠・めまいなどの症状がある
  • 医師に、首の骨に異常なしと言われたが調子が悪い
  • 長期間にわたって痛みが断続的に続いている
  • 集中力がなくなり仕事に支障が出ている
  • 天気や湿度等で症状が出てくる

といった症状が出てきます。

交通事故つにあってしまい、一つでも当てはまる場合は治療が必要です。

 

むち打ちの場合、レントゲンやMRIなどの画像検査に写らないことが多いのでやっかいなところがあります。

 

ただし、安静にしておいて治るものではないので必ず治療が必要です。

 

交通事故の後に早期に治療しないと、後々まで不調が続きますので必ず適切なケアを受けてください。

実際に当院では筋膜をリリースして首の筋肉や靭帯の回復を促すという治療を行なっています。

また、むち打ちにらなると首以外にも負担がかかりますので、首以外の筋膜も治療していきます。

 

万が一交通事故にあってしまった場合は、すぐに当院にご相談ください。

治療のことはもちろん、保険屋さんとの手続きなどもアドバイスさせていただきます。

 

 

3月末は交通事故に注意!!

こんにちは!

 

ふくしま接骨院の服部です!!

 

先日の暖かい日が嘘のように今日はさすように寒いですね😵

 

寒すぎてクローゼットにしまっておいた冬服を引っ張りだしてきましたよ(・・;)

 

 

さて、今日は交通事故の治療が終わった患者様からカステラをいただきました😊

自家用車を運転中に側面から衝突され、腰と首、両膝と左足首を痛めてしまった方だったのですが、今日で治療が終わりました😊

 

事故直後から歩行困難な状態になってしまい、かなり重症でしたね。

 

交通事故は、想像以上に身体がダメージを受けますので十分に注意してください。

 

3月は一年間で二番目に交通事故が発生する月になっています。

一番多いのは日が短く、路面が凍結している12月なのですが、3月はその次に交通事故が多い月になります。

年度末のため、仕事やプライベートなことなど、色々と変化の多いこの時期は、車の運転の集中力が途切れがちになってしまい交通事故が多発しています。

万が一交通事故にあってしまった場合はすぐに当院にご連絡ください。

初期対応が大切ですのでアドバイスさせていただきます😊

天気が悪いと痛みが増悪する原因

こんにちは!!

 

ふくしま接骨院の服部です!!

 

最近は花粉にて目がかゆい日が続いてます😂

 

雨の日もありますが、お日様が照っている日が多くなりましたよね🌞

 

花見山では梅の花が満開になってますよ!

 

さて、

 

みなさんは天気によって身体の痛みや不調が変化しませんか?

 

病院で勤めていた時のことですが、おばぁちゃん達がこんなことを良く言ってました。

『天気が悪いから膝が痛い』

 

『腰が辛くなってきたから明日は雨が降るはずだ』

『手術した所が痛いから曇ってきたな』

 

痛みで天気予報が出来ちゃうんですね(・・;)

 

では、

 

なぜ天気によって痛みが増悪するのでしょつか??

 

原因は大きく2つあります✌︎

 

1 自律神経の影響

 

まず1つ目は自律神経の影響です。

 

※自律神経とはその名の通り自律して動いています。心臓や消化器系、呼吸器系など、自分の意思とは関係なく働く神経です。

 

天気の変化が起きるも気圧が変わりますよね。自律神経は気圧の変化に敏感で、気圧が変わると自律神経神経の働きが変わります。

具体的にどう変わるのかというと、こちらのイラストをご覧ください⬇︎⬇︎⬇︎

自律神経には2つの種類があります。

交感神経と副交感神経という神経です。

 

交感神経とは、イラストで馬が走っているような状態になる神経です。

身体が興奮して心臓がバクバクと収縮し、血管も細くなります。

 

副交感神経とは、馬が寝ているイラストのような状態です。

 

身体がリラックスしていて、心臓がゆっくり動き、血管も広がります。

 

交感神経と副交感神経は常にバランス良く働いていて、精神状態や食事、時間帯や天気によって変わります。

 

天気が悪くなると交感神経が優位に働きます。

 

そうすると、関節や筋肉の中の血管が細くなります。その為、老廃物や発痛物質が滞ってしまい痛みや違和感が出てきてしまうんですね。

 

これが一つ目の原因になります。

 

ただ、自律神経が全ての原因ではありません。

なぜなら全身に血管はあります。それなのに痛いところと痛くないところがあります。

また、雨の日でも痛みが出ない人もたくさんいますよね。

血管が細くなってしまい痛みがでる人とでない人の違いとはなんだと思いますか??

 

答えは原因の2つ目になります。

それは

『瘢痕組織』です。

(はんこんそしきと読みます)

切り傷や手術した後など、細胞が切れた後は同じ細胞にならずに別な細胞になります。

かさぶたや、かさぶたができた後などってなかなか消えないですよね?

手術の後などがイメージしやすいと思いますが切れた後の細胞は硬くてキメが粗くなっています。

ボコっとなっているケロイドは、他の部分と違って硬くなっているのが見た目でわかると思います。

怪我や手術によって切れてしまった箇所はこのように硬くなっていて、血管が少なく血流が乏しい状態です。

天気が悪くなり自律神経が反応すると、ケロイドや瘢痕組織の箇所はさらに血流が乏しくなります。

そうなると、違和感や痛みが増幅します(・・;)

 

 

 

これら2つの原因が天気によって痛みが悪化します。

 

 

ただし、原因がわかっていれば対策できます😊

 

やり方は簡単です。

怪我や手術した箇所を温めましょう。

温めることにより血流な復活して栄養と酸素が供給されます。

 

古典的な方法ですが、温めるのはとても大切です😊

 

天気が悪くなりそうな時は、あらかじめ蒸しタオル等で温めたり、ゆっくりお風呂に入って温めておきましょう♨️