交通事故にあったら必ず○○を

こんにちは!

ふくしま接骨院の服部です!!

4月も下旬になり、もう少しでゴールデンウィークに突入しますね!!

 

みなさんはどこかお出かけされますか?

10連休を利用して海外旅行に行く方も多いみたいですね🛩

当院は5月1日(水曜日)から6日(月曜日)までお休みとさせていただきます😊

 

遠出は厳しそうですが、バーベキューなどアウトドアを楽しみたいなと思ってます🍻

 

さて、長期連休中に気をつけていただきたいのが交通事故です(T ^ T)

 

長時間の運転や疲れなどから事故を起こしてしまうことや、追突されてしまうことがあります。

 

万が一事故を起こしてしまったとき、追突されてしまった時はすぐに警察に連絡したくださいね。

そして、大事なことは必ず医療機関を受診し、MRIを撮ってください。

その時は何ともない状態でも、後から痛みがでたり、骨に異常をきたしていることがあります。

実際に当院に交通事故治療で通院されている患者様も、事故にレントゲン画像では異常がなかったのですが、MRIでは交通事故の衝撃による骨の異常が見つかったという例があります。

 

事故後に痛みがある時はもちろん、少しでも違和感がある場合は必ずMRIを撮るようにしましょう。

思わぬ損傷がある時があります。

 

当院では病気や整形外科と併用して通院していただけますので(交通事故の場合自己負担0円)交通事故にあってしまった場合はすぐにご相談ください。

 

それでは交通事故に気をつけてゴールデンウィークを思いっきり楽しみましょう〜😊

 

 

 

 

 

 

 

 

交差点では注意

こんにちは!

 

ふくしま接骨院の服部です!!

 

各学校の入学式も終わり、徐々に授業も平常通り進んでいるらしいですね🏫

 

当院の前の道路も黄色い帽子の小学生や、真新しい制服を着た高校生、短大生などが通学していて、学校の先生ご交通誘導をする姿があります。

 

また、市役所や裁判所などに通勤する方もたくさん通っています。

 

当院の近くの道路は交差点が多く、一時停止をする箇所が多いのですが、優先道路には一時停止の標識がありません。

その為、一時停止に気付かずに交差点に進入してしまうと優先道路を走行する車のブレーキが間に合わずに衝突してしまう事故が多発しています。

 

交通事故に巻き込まれないように以下のことを注意しましょう。

・交差点に進入する際は一時停止の標識を確認する。

・優先道路を走行する際は、交差点の前ですぐに止まれるスピードに抑える。

・歩行者が飛び出してくることを予想して走行する。

 

新年度になり色々な変化によってお身体が疲労してくる時期になります。しっかりと睡眠をとり、ハンドルを握ったら運転に集中しましょう😊

 

万が一交通事故にしまった場合はすぐに当院にご連絡ください!!

むち打ち治療

こんにちは!

ふくしま接骨院の服部です!!

当院の近くの保育園の桜が大分葉桜になってきましたよ🍃

 

今日は風が穏やかで気温も上がっていますので、外でお昼休憩を取って来ました。

車の中はとても暑くですね(・・;)

みなさん、寒暖差で体調を崩さないように服装に気をつけてください!

 

さて、四月も早いもので三週間目になりましたね。

最近は通勤の時に、🔰マークの車をみかけることが多くなりました。

 

誰でも最初は初心者なのですが、日が経つごとについつい慣れて無茶な運転をしてしまうこともありますよね。

 

交通事故は初心者だけではなく、ベテランドライバーの方でお越してしまうこどかあります。また、自分は交通ルールを守っていても追突されてしまったりと、常に交通事故に巻き込まれることが考えられますので、ハンドルを握ったら運転に集中しましょう。

当院では交通事故の患者様の治療も多く行なっています。

 

今日は交通事故の怪我でもっとも多い、

むち打ち

についてご紹介していきます。

むち打ちとは、首がむちのようにしなってしまい損傷することの総称です。

 

自動車での交通事故の場合、視覚から追突された場合など、身構えずに衝撃が加わった時に特に損傷します。

 

首の骨は7個あります。

背骨の中でも首の骨はとても小さいのが特徴です。

この小さい首の骨の上にボーリングの球と同じ程度の重さがある頭がのっています。

小さい骨の上にとても重い頭がのっていますので、常にバランスをとりながら生活しているのですが、不意の交通事故によって衝撃が加わると、首の骨やその周囲の筋肉や靭帯に想像以上のダメージが加わります。

 

首の骨にヒビなどがなくても、筋肉や靭帯は必ずダメージを受けてしまいます。

これがむち打ちといいます。

 

むち打ちになってしまった場合の症状は以下のような感じです。

  • 頭痛・疲れやすさ・不眠・めまいなどの症状がある
  • 医師に、首の骨に異常なしと言われたが調子が悪い
  • 長期間にわたって痛みが断続的に続いている
  • 集中力がなくなり仕事に支障が出ている
  • 天気や湿度等で症状が出てくる

といった症状が出てきます。

交通事故つにあってしまい、一つでも当てはまる場合は治療が必要です。

 

むち打ちの場合、レントゲンやMRIなどの画像検査に写らないことが多いのでやっかいなところがあります。

 

ただし、安静にしておいて治るものではないので必ず治療が必要です。

 

交通事故の後に早期に治療しないと、後々まで不調が続きますので必ず適切なケアを受けてください。

実際に当院では筋膜をリリースして首の筋肉や靭帯の回復を促すという治療を行なっています。

また、むち打ちにらなると首以外にも負担がかかりますので、首以外の筋膜も治療していきます。

 

万が一交通事故にあってしまった場合は、すぐに当院にご相談ください。

治療のことはもちろん、保険屋さんとの手続きなどもアドバイスさせていただきます。

 

 

テレビの体操をやっても腰痛が良くならないのはなぜ??

こんにちは!

ふくしま接骨院の服部です!!

 

木曜日の朝は雪が積もっていて焦りました(・・;)

 

交通事故も何件かあったみたいですが、みなさんは大丈夫でしたか??

 

接骨院の駐車場の雪かきをしたのですが、めちゃくちゃ雪が重かったです     笑

 

昨日、今日と『雪かきで腰を痛めてしまいましたがなんとかなりますか?』という問い合わせが多かったですね。

みなさんも春雪の雪かきには注意しましょう。

 

 

さて、本日は仙台に勉強会に来ています😊

 

勉強会で色々な先生にお会いすると、いつもは気付けなかったことに気付けて本当に身になります。

 

宮城で治療院を経営していらっしゃる先生がこんなことをおっしゃっていたのが印象的でした。

 

『患者さんがテレビでやっていた腰痛体操をやって悪化してしまった』

 

とのこと。

 

当院にいらっしゃる患者様でも、テレビでやっていた体操に取り組まれている方が結構います。

『一日10分〜をすると腰痛が治る』

とか、良くありますもんね。

僕もテレビで見ることがあります。

実際にテレビで紹介された運動で腰痛が良くなる方もいます。

しかし、ほとんどの方は変化があまりありません。

では、なぜテレビで取り上げられている体操を行っても痛みが治らないのでしょうか??

 

 

 

答えはシンプルです。

 

 

体操でケアしている筋肉が、あなたの腰痛の原因ではないからです。

 

 

例えば、背筋が硬くなってしまい腰痛になっている方がいます。

 

この方がテレビで紹介されていたお尻の筋肉をストレッチする腰痛体操を行ってみます。

お尻の筋肉は柔らかくなりますが、腰痛の原因になっている背筋は硬いままですので腰は痛いままです。

 

原因とは違うケアを毎日やっても腰痛は残念ながら治りません。

 

体操やストレッチを知ることも大事ですが、まずは痛みの原因になっている筋肉を知ることが最も重要です。

 

僕が治療させていただいている患者様は、必ず原因となっている筋肉を調べてから治療に入ります。

 

忙しくて中々治療院に来れない方の為に、腰痛の原因になりやすい筋肉を少し紹介します。

職業や趣味など、良く繰り返す動きによって筋肉は硬くなりますので、ご自身に当てはまるものがあれば参考にしてください。

 

1.お尻の筋肉

立ち仕事の方が特に硬くなりやすいのがお尻の筋肉です。

 

立っている時に身体が前に倒れないように常に頑張っているのがお尻の筋肉になります。

 

立ち仕事の方や、立っていると腰が痛くなる人はお尻の筋肉をストレッチしましょう。

お尻の筋肉のストレッチは、このイラストのように足を組んだ状態で足を上半身の方向へ引っ張ります。

しっかりとお尻の筋肉が伸びていることを感じながら30秒キープします。

 

2 背中の筋肉

 

ゴルフをプレイする方や、車を運転する方が硬くなりやすい筋肉になります。

何回も身体をひねったり、長時間腕を使っている方はこの筋肉をストレッチしましょう。

 

腕を頭の上で組んで、身体を横に曲げます。

脇のあたりがしっかりと伸びていることを感じましょう。

 

3 太ももの筋肉

仰向けで寝るのが辛い方や、椅子に長時間座っている方が硬くなりやすい筋肉です。

身体を後ろに反るのが辛い方やデスクワークの方も硬くなっている可能性が高いです。

膝を曲げた状態で身体を後ろに倒していきます。

筋肉が硬い人は完全に寝っ転がるのが辛いですので、可能な範囲で身体を後ろに倒します。

 

 

あなたの生活スタイルを振り返り、当てはまる筋肉があればストレッチしてみましょう。

原因が当たっていれば痛みは改善していきます。

 

まだまだ原因になりやすい筋肉はたくさんありますので、気になる方はお気軽にご連絡ください😊

 

 

花見山もあと一週間で規制が終わりますね。

 

仙台では桜まつりが行われていましたよ。

 

ゴールデンウィークまであと少し!

 

しっかりお身体をケアしておきましょう😊

 

 

念願の…..

こんにちは!

ふくしま接骨院の服部です!!

 

福島市は桜が咲き始めてますね😊

 

当院のすぐ近くの保育園は桜が満開になってますよ🌸

 

また、4/6(土曜日)は花見山、春の福島競馬、県立美術館での伊藤若冲展と福島市が大盛り上がりで道路が結構渋滞してました(・・;)

花見山のオープニングの時は突然の雪が降っていてとても寒かったので、晴れてくれて一安心ですね。

 

先日、仕事終わりに信夫山の桜を見に行きましたが、とても賑わっていましたよ!

 

夜は肌寒いのですが、シートをひいてお花見をしている方々がたくさんいらっしゃいました。

風邪をひかないと良いのですが。

 

 

さて、今日は僕が首を長くして待っていた物がようやく届きました!!!

なんだと思いますか??

それはこちらです↓↓↓

 

 

乾燥機でございます😊

 

洗濯は僕の仕事なのですが、乾かすのが意外と時間がかかり、コインランドリーの常連になっていました。

 

いつかは欲しいなと思っていたのですが、自分へのご褒美に買ってみました!!

 

想像より大きく圧迫感はありますが、思っていたより動作音がうるさくなく、しっかりと乾いてくれて感動🥺

仕上がりもふんわりしています。

こんなに良い物だとは思っていませんでした。

洗濯物を干す手間とスペースがなくなり、部屋も心もスッキリ!!!

 

縦型の洗濯機をお使いの方、ドラマ式洗濯機じゃなくても、乾燥機で十分に対応できますよ〜😊

梅雨の雨はもちろん、花粉や黄砂など、洗濯物を外に干すのって大変ですよね。

是非使ってみてください!!

https://kadenfan.hitachi.co.jp/wash/lineup/den60wv/

腰痛=ヘルニアではない

こんにちは!

 

ふくしま接骨院の服部です!!

 

新年号の発表まであと数日ですね😊

 

どんな年号になるんでしょうか??

残りの平成の日々を楽しみましょう!!

 

さて

 

先日、お電話でこのような問い合わせがありました。

 

『腰が痛くてヘルニア 持ちなのですが、治療できますか?』

 

腰痛とヘルニアで悩んでいる人は多いですので、こういう悩みのお問い合わせをよくいただきます。

 

みなさんはヘルニアとはどんな病態かご存知ですか?

 

ヘルニアとは『突出する』という意味で、病名ではありません。

みなさんがイメージしている腰のヘルニアは

『腰椎ヘルニア 』と言って、腰骨と腰骨の間から椎間板が突出した状態です。

背骨は24個あります。

首の骨が7個

胸の骨が12個

腰の骨が5個です。

1つ1つの背骨の間には椎間板というクッションがあり、背骨にかかる衝撃を吸収するものになります。

椎間板は繊維輪という硬い組織の中に、髄核という柔らかい組織が入ってます。

ヘルニアの際には髄核が繊維輪を破って突出します。

 

 

赤色の部分の椎間板が突出していますね。

この状態を腰痛ヘルニアといいます。

 

正常な場所から突出してしまうことをヘルニアと言いますので、腰痛以外にも首の骨で椎間板が突出している場合は頚椎ヘルニア、鼠径部から腸の一部が突出してしまった場合は鼠径ヘルニア (脱腸)と呼ばれます。

 

腰痛で医療機関を受診した際に画像診断にてヘルニアと診断された場合は、『腰椎ヘルニア 』になります。

 

さて、腰椎ヘルニアなのですが、必ず痛みや痺れを出す訳ではありません。

腰に痛みを感じていない人がレントゲンやMRI検査などを受けても7割の人が

『腰椎ヘルニア 』

になっています。

 

腰に痛みがあってもなくてもヘルニアが起きています。

 

ヘルニアはあくまでも1つの所見であって、『腰椎ヘルニア 』が必ずしも腰痛の原因ではありません。

 

※足の感覚がない場合、排尿障害(おしっこが出にくい)といった症状がある場合はすぐに病院に行きましょう。

 

また、ヘルニアと診断された場合でも手術適応になることは意外も少ないです。

 

腰痛ヘルニアとは正常な位置から髄核が突出した状態ですので、突出した髄核は異物と身体が判断します。

その為、ヘルニアになっても免疫の働きで自然に突出した髄核が吸収されます。

髄核の大きさによりますか、だいたいの場合は三ヶ月から半年で吸収されます。

その為、腰椎ヘルニアと診断されてから半年以上経過しても腰痛がある場合はヘルニアが原因ではない可能性が高いです。

 

冒頭の『腰が痛くてヘルニア持ちなのですが治療できますか?』というお問い合わせの場合は、

『ほとんどのヘルニア持ちの方の腰痛は治療できますよ』

と答えさせていただいてます。

 

腰椎ヘルニアはもちろん、腰椎に痛みの原因があることは少なく、大臀筋(お尻の筋肉)や大腰筋(お腹の筋肉)が原因で腰に痛みがでていることの方が非常に多いです。

一度検査をさせていただくとその場でヘルニアが原因なのか、筋肉や筋膜、または骨盤が原因なのか分かりますので、なかなか治らない腰椎でお困りの場合は是非検査にいらしてください😊

 

 

3月末は交通事故に注意!!

こんにちは!

 

ふくしま接骨院の服部です!!

 

先日の暖かい日が嘘のように今日はさすように寒いですね😵

 

寒すぎてクローゼットにしまっておいた冬服を引っ張りだしてきましたよ(・・;)

 

 

さて、今日は交通事故の治療が終わった患者様からカステラをいただきました😊

自家用車を運転中に側面から衝突され、腰と首、両膝と左足首を痛めてしまった方だったのですが、今日で治療が終わりました😊

 

事故直後から歩行困難な状態になってしまい、かなり重症でしたね。

 

交通事故は、想像以上に身体がダメージを受けますので十分に注意してください。

 

3月は一年間で二番目に交通事故が発生する月になっています。

一番多いのは日が短く、路面が凍結している12月なのですが、3月はその次に交通事故が多い月になります。

年度末のため、仕事やプライベートなことなど、色々と変化の多いこの時期は、車の運転の集中力が途切れがちになってしまい交通事故が多発しています。

万が一交通事故にあってしまった場合はすぐに当院にご連絡ください。

初期対応が大切ですのでアドバイスさせていただきます😊

天気が悪いと痛みが増悪する原因

こんにちは!!

 

ふくしま接骨院の服部です!!

 

最近は花粉にて目がかゆい日が続いてます😂

 

雨の日もありますが、お日様が照っている日が多くなりましたよね🌞

 

花見山では梅の花が満開になってますよ!

 

さて、

 

みなさんは天気によって身体の痛みや不調が変化しませんか?

 

病院で勤めていた時のことですが、おばぁちゃん達がこんなことを良く言ってました。

『天気が悪いから膝が痛い』

 

『腰が辛くなってきたから明日は雨が降るはずだ』

『手術した所が痛いから曇ってきたな』

 

痛みで天気予報が出来ちゃうんですね(・・;)

 

では、

 

なぜ天気によって痛みが増悪するのでしょつか??

 

原因は大きく2つあります✌︎

 

1 自律神経の影響

 

まず1つ目は自律神経の影響です。

 

※自律神経とはその名の通り自律して動いています。心臓や消化器系、呼吸器系など、自分の意思とは関係なく働く神経です。

 

天気の変化が起きるも気圧が変わりますよね。自律神経は気圧の変化に敏感で、気圧が変わると自律神経神経の働きが変わります。

具体的にどう変わるのかというと、こちらのイラストをご覧ください⬇︎⬇︎⬇︎

自律神経には2つの種類があります。

交感神経と副交感神経という神経です。

 

交感神経とは、イラストで馬が走っているような状態になる神経です。

身体が興奮して心臓がバクバクと収縮し、血管も細くなります。

 

副交感神経とは、馬が寝ているイラストのような状態です。

 

身体がリラックスしていて、心臓がゆっくり動き、血管も広がります。

 

交感神経と副交感神経は常にバランス良く働いていて、精神状態や食事、時間帯や天気によって変わります。

 

天気が悪くなると交感神経が優位に働きます。

 

そうすると、関節や筋肉の中の血管が細くなります。その為、老廃物や発痛物質が滞ってしまい痛みや違和感が出てきてしまうんですね。

 

これが一つ目の原因になります。

 

ただ、自律神経が全ての原因ではありません。

なぜなら全身に血管はあります。それなのに痛いところと痛くないところがあります。

また、雨の日でも痛みが出ない人もたくさんいますよね。

血管が細くなってしまい痛みがでる人とでない人の違いとはなんだと思いますか??

 

答えは原因の2つ目になります。

それは

『瘢痕組織』です。

(はんこんそしきと読みます)

切り傷や手術した後など、細胞が切れた後は同じ細胞にならずに別な細胞になります。

かさぶたや、かさぶたができた後などってなかなか消えないですよね?

手術の後などがイメージしやすいと思いますが切れた後の細胞は硬くてキメが粗くなっています。

ボコっとなっているケロイドは、他の部分と違って硬くなっているのが見た目でわかると思います。

怪我や手術によって切れてしまった箇所はこのように硬くなっていて、血管が少なく血流が乏しい状態です。

天気が悪くなり自律神経が反応すると、ケロイドや瘢痕組織の箇所はさらに血流が乏しくなります。

そうなると、違和感や痛みが増幅します(・・;)

 

 

 

これら2つの原因が天気によって痛みが悪化します。

 

 

ただし、原因がわかっていれば対策できます😊

 

やり方は簡単です。

怪我や手術した箇所を温めましょう。

温めることにより血流な復活して栄養と酸素が供給されます。

 

古典的な方法ですが、温めるのはとても大切です😊

 

天気が悪くなりそうな時は、あらかじめ蒸しタオル等で温めたり、ゆっくりお風呂に入って温めておきましょう♨️