足指の変形

こんにちは!ふくしま接骨院の伊藤です!

ニュースでは検察法改正案の話題が出ていますね!
また政府が都合のいい世の中になってしまうのでしょうか。
私たち国民は頑張って自粛しているにもかかわらず、コロナの陰に隠れてコソコソと必要のないことをしている政府が許せないものです。
まずは目の前の問題(コロナ)についてスピードのある対策をしていただきたいものですね。

ではでは、今日は足の指についてのお話しをしていこうと思います!

腰が痛い、股関節が痛い、膝が痛いという方がたくさんいると思います!

腰や股関節、膝を直接治療するのももちろん緩和すると思います!
ですが、原因は他の場所にあります!
ではどこに原因があるのか…大半の方は足の指に変形がみられることが多いです。

足の指は身体を支える土台になっています。
足の指が変形してしまうとその土台が崩れてしまい、骨盤が歪み、姿勢が崩れてきてしまいます。
その結果、腰や股関節、膝、肩などに痛みが生じてきます。

特に大事なのが足の小指です。
足の小指には、膝が外側に傾くのを防ぐ役割があります。小指が変形してストッパーが効かなくなると、膝と膝の間が開いてО脚になっていきます。そして、股関節も外側に開き骨盤にゆがみが生じます。

これが、腰や股関節、膝の痛みを引き起こし、さらには上半身にも影響し、さまざまな不調が起こってしまいます。足の指が変形してしまうと踏ん張ることもできないため、転倒したり、捻挫などもしやすくなったりします。

なので足の指の変形も調整していくことがとても重要になります!

このような変形をしてしまっている方がいたら要注意ですよ!!