お尻が硬くて腰痛になっていませんか?

こんにちは!院長の服部です!

新生活の忙しさにみなさん慣れてきた頃でしょうか?

当院では副院長の伊藤先生が新しく仲間に加わりました!

副院長に関しては追って紹介させていただきます!かなり凄腕ですのでみなさん期待していてください( ^ω^ )

 

さて、本日は腰痛の方に多い原因の筋肉をご紹介していきます。

本日ご紹介するのはズバリお尻(臀筋)です。

多くの方がお尻が硬くて腰痛になっています。

 

特に腰だけじゃなくて膝も痛い方は間違いなくお尻の筋肉が硬くなってしまい腰痛になっていらっしゃいます。

お尻の筋肉は骨盤と腰の筋膜から太ももにらに付いています。また、多くの筋肉の不着部でもあります。

その為、お尻の筋肉が硬くなると骨盤を歪ませたり、筋膜の滑走性を阻害してしまい、腰に痛みが出ます。

デスクワークでずっと座っている方、歩く時にガニ股の方、足がむくんだり、こむら返りする方は特にお尻が硬くなっていることが多いです。

腰を前にや後ろに曲げて痛い方、身体をひねる時に痛い方、動き始めが痛い方、ずっと座っていると腰が痛い方は一度お尻の硬さを確認する必要があります。

 

確認の仕方は以下の手順で行いましょう。

1 痛い動きを探す

前屈や後屈、または身体を左右にひねってみて痛い動きを確認して下さい。

2お尻を押して同じ動きをする

例えば前屈して腰が痛い場合はお尻を押しながら前屈します。

まずは右のお尻を押しながら前屈。

次に左のお尻を押しながら前屈。

左右どちらかのお尻を押しながは前屈してみて、腰の痛みが軽減していれば、お尻の筋肉が硬いことが原因で腰が痛いことがわかります。

後はお尻の筋肉を治療すればあなたの腰はかなり楽になりますよ。

 

腰が痛くても腰に原因があることはまれです。腰以外にが原因があり、結果的に腰に痛みがでていることがほとんどです。

腰痛一日でも治したいとお悩みの方は、まず腰痛の原因をしっかり探していきましょう。

 

特にお尻(臀筋)が硬くて腰が痛い人は非常に多くいらっしゃいます。

 

是非一度、お尻の筋肉に注目してみてください( ^ω^ )