水で腰痛を治す

こんにちは!

院長の服部です!

今日は30度まで気温があがるみたいです!

真夏日ですね(^_^;)

気温が上がると熱中症対策に水を飲むように注意喚起している方、または心がけている方が多いのではないでしょうか?

人間の身体の60%は水で構成されていますから、高温になると汗で水分を失いますから水分補給は大事ですよね。

 

実は、腰痛治療にも水分補給が大切なのです。

 

え、腰痛と水分って何か関係あるの??

 

 

 

 

あるんです。

 

 

身体の60%は水で構成されていますよね。

では、筋肉は何%が水だと思いますか??

 

50%?

 

60%?

 

70%?

 

 

いやいや

 

 

90%です。

 

筋肉はほとんど水で構成されています。

 

 

腰痛の原因はほとんどが筋肉と筋膜の硬さです。

 

筋肉が硬いと、腰痛になるリスクが一気に上がります。※筋肉の柔らかさと関節の柔らかさは少し違います。これについては今後ご紹介します。

筋肉の水分量が少ないと筋肉が硬くなり、血液や神経の流れ、可動域が低下していき腰痛になります。

 

長年の腰痛に苦しんでる方をカウンセリングしていると、みなさん水分摂取量がものすごく少ないです。

 

その為、筋肉が必要以上に硬くなってしまうのです。

 

筋肉の水分量が少ない状態で治療やストレッチを行なっても、思うよな結果は得られません。

 

なかなか腰痛が治らずにお悩みの方は、まずは水を飲むことから始めていきましょう。

 

1日に必要な水分量は以下のようになっています。

 

体重×30mℓ=1日に必要な水分量

 

僕の場合は体重が72キロですので

72×30mℓ=2160mℓ(2.16ℓ)

となります。

是非みなさんも適切な水分を補給して下さい。

 

ちなみに僕は毎日3ℓ飲んでいます( ^ω^ )

 

院長

服部 誉司