交通事故にあってしまった時の対応

こんにちは!

院長の服部です!!

昨夜は物凄い雷で目が覚めました!!

雨と風も物凄かったですねΣ(・□・;)

路面の状態が悪い箇所がありますので運転には充分に気をつけてください。

さて、本日は万が一交通事故にあってしまった時の初期対応についてご紹介します。

車と車

車と自転車

車と人

色々なパターンの事故がありますが、初期対応は基本的に同じです。

①すぐに警察に連絡

まずはこれです。

事故の大小に関わらずすぐに110番してください。

警察に連絡することにより、救急車の手配やその場での動きを指示してもらえます。

②なんとか動けそうな時はその場で加害者の方の免許証と車のナンバーを携帯のカメラで撮影しましょう。

また、連絡先も必ず確認してください。

⚠︎その場で加害者の方から物損事故にして欲しいと言われたり、警察に連絡しないでくださいと言われることが残念ながらありますが、あなたが泣き寝入りすることになりますので、すぐに警察に連絡し、その場では保険の交渉などは行わないようにしましょう。
あなたのお身体が一番大切です。

③すぐに医療機関を受診しましょう。

痛みの大小に関わらず、すぐに医療機関を受診しましょう。

事故の痛みは、その場で感じる場合と、後から現れる場合があります。

特に事故直後は身体が緊張しているため、痛みを感じにくくなっています。

数日経って緊張が緩和すると痛みが出てきますので、しっかりと医療機関を受診しましょう。

ささいな違和感でも必ず確認してくださいね。

以上の3点が、事故直後の注意点になります。

ただ、細かいことも色々ありますので、不明な点や不安なことがある場合はすぐに当院にご相談ください。
交通事故専門のスタッフが対応します。

024-502-6612
月曜日から土曜日の9時から20時まで対応