バレーボールのレシーブの際に腰が痛いならここをストレッチしてみて!

こんにちは!

 

ふくしま接骨院の服部です!!

 

先日、国外運転免許の申請に行った際に、TUFの近くにある『茶寮 吉芳』にてランチして来ました😊

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/fukushima/A0701/A070101/7008349/top_amp/%3Fusqp%3Dmq331AQGCAEoAVgB

美味しいという噂を良く聞いていたので、当日予約が取れないかなと思っていましたが、すんなりと入店できました✌️

 

シャケとイクラの輪箱飯をいただきましたが、ふっくらしてて美味しかったです🐷

 

売り切れだったのですが、月替わりコースも美味しそうでした!

 

みなさんもぜひランチやディナーに足を運んでみてください😊

 

 

さて、

 

本日は、バレーボールをしていて腰が痛い方の治療をご紹介します。

 

先日治療させていただいた患者様は、(女性)

股関節の治療をメインに行なっていたのですが、バレーボールの際に、思いっきり高くボールを上げるようにレシーブすると腰が痛いとのことでした。

 

その場でレシーブを上げる動きをしていただくと、左のお尻から腰のあたりが痛いと。

お尻や骨盤の筋肉を調整してみても痛みがでるとのこと。

太ももや股関節の動きを良くしても痛みがでます。

 

さて、みなさんはどこが原因で痛みがでていると思いますか?

 

ヒントは腕を上げると腰やお尻が痛くなります。

 

 

正解はこの筋肉でした。

 

↓↓↓

 

『広背筋』です

 

上の画像の青いところの筋肉です。

 

非常に大きく、使用頻度が高いので疲労がたまりやすい筋肉です。

 

物を引く時に使う筋肉なのですが、長時間のデスクワークや車の運転などでも硬くなります。

 

この方は立った状態で広背筋を調整してみたところ、その場で痛みがなくなりました。

 

みなさんも腕を上げる時に腰まわりが痛い時は広背筋をストレッチしてみてください!

少しでも痛みが減れば広背筋が痛みの原因になっている可能性が高いです。

広背筋のストレッチのやり方はこちらになります。↓↓↓