乾燥する冬は『隠れ脱水』に注意しましょう!!

こんにちは!

ふくしま接骨院の服部です!!

早いもので今年も残りわずかになりましたね。

令和元年はみなさんどのような年になりましたか?

さて、

この時期に気をつけていただきたいのが『隠れ脱水』です。

冬は乾燥する上に、暖房器具の使用により機密性の高い住宅やオフィスでは室内の空気はさらにカラカラになります。

乾燥した環境で過ごしていると、無自覚のまま皮膚や粘膜、呼気などから水分が失われる『不感蒸泄』が増えていきます。

汗をかく夏に比べ、水分を失っている自覚が少ない冬は、水分の摂取が減り水分不足が起きやすくなります。
『隠れ脱水』になると、だるい、疲れやすい、腰が痛いなどという体調の変化が起きてきますので、加湿器を使うだけではなく、こまめに水をのむことも大切です。

人間の身体は約60%が水分です。(筋肉は90%が水分)

水分を失っていくと大変なことになります

こまめに少しずつの水分補給で『隠れ脱水』対策を!

特に起床時や寝る前にコップ一杯の水を飲みましょう。
アルコールに強い利尿作用と体温を上昇ささて発汗させる作用があるので水分を失いがちです。忘年会や新年会などの飲み会の際もしっかりと水を飲んでくださいね!!