テレビの体操をやっても腰痛が良くならないのはなぜ??

こんにちは!

ふくしま接骨院の服部です!!

 

木曜日の朝は雪が積もっていて焦りました(・・;)

 

交通事故も何件かあったみたいですが、みなさんは大丈夫でしたか??

 

接骨院の駐車場の雪かきをしたのですが、めちゃくちゃ雪が重かったです     笑

 

昨日、今日と『雪かきで腰を痛めてしまいましたがなんとかなりますか?』という問い合わせが多かったですね。

みなさんも春雪の雪かきには注意しましょう。

 

 

さて、本日は仙台に勉強会に来ています😊

 

勉強会で色々な先生にお会いすると、いつもは気付けなかったことに気付けて本当に身になります。

 

宮城で治療院を経営していらっしゃる先生がこんなことをおっしゃっていたのが印象的でした。

 

『患者さんがテレビでやっていた腰痛体操をやって悪化してしまった』

 

とのこと。

 

当院にいらっしゃる患者様でも、テレビでやっていた体操に取り組まれている方が結構います。

『一日10分〜をすると腰痛が治る』

とか、良くありますもんね。

僕もテレビで見ることがあります。

実際にテレビで紹介された運動で腰痛が良くなる方もいます。

しかし、ほとんどの方は変化があまりありません。

では、なぜテレビで取り上げられている体操を行っても痛みが治らないのでしょうか??

 

 

 

答えはシンプルです。

 

 

体操でケアしている筋肉が、あなたの腰痛の原因ではないからです。

 

 

例えば、背筋が硬くなってしまい腰痛になっている方がいます。

 

この方がテレビで紹介されていたお尻の筋肉をストレッチする腰痛体操を行ってみます。

お尻の筋肉は柔らかくなりますが、腰痛の原因になっている背筋は硬いままですので腰は痛いままです。

 

原因とは違うケアを毎日やっても腰痛は残念ながら治りません。

 

体操やストレッチを知ることも大事ですが、まずは痛みの原因になっている筋肉を知ることが最も重要です。

 

僕が治療させていただいている患者様は、必ず原因となっている筋肉を調べてから治療に入ります。

 

忙しくて中々治療院に来れない方の為に、腰痛の原因になりやすい筋肉を少し紹介します。

職業や趣味など、良く繰り返す動きによって筋肉は硬くなりますので、ご自身に当てはまるものがあれば参考にしてください。

 

1.お尻の筋肉

立ち仕事の方が特に硬くなりやすいのがお尻の筋肉です。

 

立っている時に身体が前に倒れないように常に頑張っているのがお尻の筋肉になります。

 

立ち仕事の方や、立っていると腰が痛くなる人はお尻の筋肉をストレッチしましょう。

お尻の筋肉のストレッチは、このイラストのように足を組んだ状態で足を上半身の方向へ引っ張ります。

しっかりとお尻の筋肉が伸びていることを感じながら30秒キープします。

 

2 背中の筋肉

 

ゴルフをプレイする方や、車を運転する方が硬くなりやすい筋肉になります。

何回も身体をひねったり、長時間腕を使っている方はこの筋肉をストレッチしましょう。

 

腕を頭の上で組んで、身体を横に曲げます。

脇のあたりがしっかりと伸びていることを感じましょう。

 

3 太ももの筋肉

仰向けで寝るのが辛い方や、椅子に長時間座っている方が硬くなりやすい筋肉です。

身体を後ろに反るのが辛い方やデスクワークの方も硬くなっている可能性が高いです。

膝を曲げた状態で身体を後ろに倒していきます。

筋肉が硬い人は完全に寝っ転がるのが辛いですので、可能な範囲で身体を後ろに倒します。

 

 

あなたの生活スタイルを振り返り、当てはまる筋肉があればストレッチしてみましょう。

原因が当たっていれば痛みは改善していきます。

 

まだまだ原因になりやすい筋肉はたくさんありますので、気になる方はお気軽にご連絡ください😊

 

 

花見山もあと一週間で規制が終わりますね。

 

仙台では桜まつりが行われていましたよ。

 

ゴールデンウィークまであと少し!

 

しっかりお身体をケアしておきましょう😊