ご自宅でできるセルフケア(外腹斜筋)

こんにちは!

ふくしま接骨院の服部です!!

ほとんど人見知りをしない息子が、最近とうとう人見知りしました(・・;)

大体の人にはニコニコと笑顔を見せてくれるのですが、伊藤先生の顔を見ると大泣きします(T . T)

なぜなのか??

不思議です 笑

さて、

本日も自宅でできるセルフケアをご紹介していきます!!

先日は大腿直筋のセルフケアでした🦵

重要な筋肉ですので

是非セルフケアしてくださいね🤗

本日セルフケアをご紹介する筋肉はこちらです↓↓↓
      

     『外腹斜筋』です

外腹斜筋は

非常に大きな腹筋で、

胸骨と肋骨から骨盤にかけて走行している筋肉です。

大きな筋肉なので身体の様々な動きに影響します。

外腹斜筋が収縮すると

1体幹を前に曲げます

2体幹を横に曲げます

3体幹を捻ります

4息を吐く動きをします

主に以上の4つの動きに作用します。

みなさんテレワーク中や自粛中のお身体の状態を思い返してください

・椅子に座って体幹を前に曲げっぱなし

・ソファーに横になって体幹を横に曲げっぱなし

・体幹を捻った状態でテレビを観ている

・浅い呼吸を続けている

といった状態で過ごしていませんか??

気がつくと硬く縮まっているのが外腹斜筋です。

長時間のデスクワークや前かがみの姿勢によりガチガチになり、

ギックリ腰のきっかけにもなる筋肉ですので、しっかりとセルフケアしていきましょう!!

◎セルフケアのやり方◎

1 仰向けに寝ていただき両膝を曲げる

2 右手で右の脇腹を掴む

3 右手で右の脇腹を掴んだまま右膝を右に倒します

4 今度は右膝を元の位置に戻します

この動作を深呼吸しながら10回繰り返しましょう

10回繰り返したら左側も同様の手順で行います。

外腹斜筋は大きい筋肉ですので、ここから更にストレッチしていきます。

1 右肩を下にして横向きで寝ます

2 横向きの状態から上半身のみ左に捻ります。
また、左手はしっかりと左上に伸ばしてください

3 上半身のみ左に捻ったまま、右手で左脇腹を右に引き寄せます

深呼吸しながらこの状態を30秒キープしまょう

同様の手順で左側も行います。

以上で外腹斜筋のセルフケアはバッチリです。

無理のない範囲で行って下さいね。

また、必ずセルフケアの前後に水分を補給してください。
筋肉やその周囲の細胞の水分量が増えて
セルフケアの効果が向上します😄

天気が良い日は窓を開けて取り組みましょう☀️

ご不明な点ごございましたらLINE@にてご連絡ください!

LINE🆔 cdr9278w