首からくる腰痛 その2

こんにちは!

院長の服部です!

今日は朝から雨がです☔︎

最近乾燥していたので、たまには雨も必要ですよね。

さて、本日は首からくる腰痛その2です。

今回ご紹介する腰痛の原因筋はこちらです。

斜角筋です。

あまり耳にすることのない筋肉かもしれません。
しかし、腰痛でお悩みの方よ三人に一人は斜角筋が原因になっています。

なぜ首の筋肉が原因で腰痛になるのかは
こちらをご覧ください⬇︎⬇︎⬇︎

首からくる腰痛 その1

今回は斜角筋が原因の腰痛についてご紹介します。

斜角筋は首の必要骨から肋骨に付着しています。

この筋肉が硬くなって起きる症状としてストレートネックがあります。

現代病ですね。

ストレートネックとはパソコンやスマホ、長時間のデスクワークなどで顎を前に突き出し、首の骨が真っ直ぐになってしまうことです。

首の骨が真っ直ぐになってしまうと、首の可動域がかなり低下します。

特に上を向くと首の後ろが痛くなります。

こういった方は、首の骨の動きが悪くなり腰骨に負担が強くかかります。

特にヘルニアなどの患者様に良くみられる症状です。

ヘルニアで痛み腰痛がずっと治らない患者様は、一度斜角筋の治療を受けてみてください。

変化が出る可能性がありますよ!

院長

服部 誉司