肩甲骨動かしてますか?

こんにちは!

院長の服部です!

今週もあっという間に木曜日。

今年も3分の1が過ぎました。

早いですね(^^;;

 

月並みですが年々、時間が過ぎるのが早く感じております!

 

さて、今日は肩甲骨についてお話しさせていただきたいと思います。

が肩甲骨と聞くとどんなイメージがありますか?

 

肩甲骨はがし

 

肩こりに効く

 

スポーツ選手が良く動かしている

 

こんなイメージではないでしょうか??

 

「腰痛にものすごく関係がある」

 

ってことはご存知ですか?

 

腰痛と関係あるの?

 

少し不思議ですよね。

 

実は腰痛にものすごく関わっている骨なのです。

 

肩甲骨は肋骨の上に浮いており、可動性が高い骨になります。肩や首の筋肉が付着しているのはもちろん、腰の筋肉も肩甲骨に付着しています。

その為、肩甲骨の動きが少なくなると腰の筋肉も硬くなってしまいます。

 

パソコンやスマホ、手作業などで手を酷使していると知らず知らずのうちに肩甲骨の動きが低下し、腰が痛くなってしまうんですね。

特に腰の中でもやや上のあたりが痛い人は肩甲骨が原因の可能性が高いです。

 

肩甲骨の動きが低下している方に当院の肩甲骨リリースを受けていただくと、背中の軽さと腰の可動域の向上に驚かれます 笑

 

なかなか腰痛が良くならない時は肩甲骨が原因になっていることが多いです。

心当たりがある方はぜひ当院にご相談ください( ^ω^ )

 

院長

服部 誉司

 

腰痛と膝痛の関係

おはようございます!

 

院長の服部です!

 

今日は曇天で少し小雨が降っています☂️

 

ただ、大分朝も気温が高くなり、アウターの出番はなくなりましたね。

 

さて、雨が降ると膝が痛くなることってありますか?

 

実は天気が悪くなると気圧が変動しますので、普段から関節に負担がかかっている方は関節の内圧も影響を受けてしまい、膝や首などの関節に痛みや違和感が出てきます。

 

今日は腰痛と膝痛の関係について少しご紹介させていただきます。

 

腰痛と膝痛って併発されている方が多いんです。

・膝と腰が痛い

 

・腰が痛くなる前は膝が痛かった

 

などなど

 

基本的に身体の一箇所だけが悪くなるということはほとんどありません。

 

痛いところがあると、必ず別な部分が痛いところをかばっています。

特に腰と膝は関係性が深いばしよになります。

腰と膝はお尻の筋肉と太ももの筋肉で繋がっていますので、痛みが連鎖します。

☆腰と膝が痛い人の特長

・ガニ股で歩く

 

・股関節が硬い

 

・ふくらはぎがぱんぱん

 

・靴底の外側ばかり減る

 

などの特長があります。

 

これらに該当していませんか??

 

もし一つでも当てはまる場合は、しっかりと筋肉と骨盤をケアしていく必要があります。

特に膝が痛いと歩行力が低下していき、身体の老化が早くなっていきます。

 

腰と膝の痛みがある方は当院に一度ご相談にいらして下さい( ^ω^ )

 

院長

服部 誉司

 

 

 

仰向けで寝ると腰が痛い

こんにちは!

院長の服部です!

 

今日は陽射しが素晴らしいですね☀️

 

ふくしま接骨院の周辺の桜はすっかり葉桜になっております。

 

今年は桜が咲くのも散るのもあっという間ですね^^;

さて、本日は腰痛の方のお悩みで良くあることを一つご紹介します。

あなたは就寝する際にどのような姿勢で寝ていますか?

・仰向け

・横向き(右か左向き)

・うつ伏せ

この中のどれかですよね。

 

腰痛の方で多いお悩みが、

「仰向けで寝ていると腰が痛くなる」

「朝起きると腰が痛い」

「仰向けで足を伸ばすと腰が痛い」

「横向きじゃないと眠れない」

と言ったお悩みです。

 

仰向けで寝るという行為は、結構しんどいんですよね。

 

でも横向きで寝ると首や肩、またはお尻などが痛くなることもあるので、仰向けで寝たいですよね。

今回は仰向けで寝ると腰が痛くなる検査法と原因の筋肉をご紹介したいと思います。

 

 

それでは検査していきましょう( ^ω^ )

1. 膝を曲げたまま仰向けでゆっくり寝る

 

2. ゆっくりと両足を伸ばし、痛いところで止める

 

3. 右膝を曲げる

 

4. 左膝を曲げる

 

5.両膝を曲げる

 

3.4.5の中でどれが一番楽でしたか?

 

仮に左膝を曲げてると楽な場合で説明させていただきます。

左膝を曲げていると楽になるということは、膝を曲げている時に緩んでいる筋肉が原因になっています。

では、膝を曲げてる時に緩んでいる筋肉はどこなんでしょうか?

 

ズバリ

「大腰筋」

です!

腰痛ではメジャーな筋肉ですね。

 

大腰筋は腰骨から太ももの骨の付け根の後ろの方に付いています。

 

この筋肉は足を上げる際などに使う筋肉です。

 

片足立ちの時にも働きます。

 

大腰筋が硬くなっていると、仰向けで膝を伸ばした時に腰骨を引っ張ってしまい、腰が痛くなります。

 

「仰向けで寝ると腰が痛い」

 

「朝起きると腰が痛い」

と、お悩みで先程の検査で引っかかった場合大腰筋が痛みの原因です。

 

ということは、大腰筋の柔軟性が戻れば痛みかなり楽になります( ^ω^ )

 

大腰筋さえ緩んでくれば仰向けで熟睡できますよ♪

 

ただ、大腰筋は身体の奥深くにある筋肉ですので緩めるのが非常に難しい筋肉になります(T ^ T)

 

でも安心して下さい!

そんな大腰筋を緩めたい方は是非腰痛専門の当院にご相談下さい!

しっかりと検査をしてから丁寧に治療致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

東京にて勉強会

こんばんは

当院は基本的に祝日がなければ月曜日から土曜日まで毎日夜20時まで予約を受け付けています。

 

しかし今日はお休みさせていただき、朝から東京で勉強会に来てます。

 

朝から夜までひたすら腰痛に関して勉強し、現在は東京の新橋のホテルにいます。

明日も朝から勉強会がありますのでそろそろ寝ます 笑

今日1日濃かったな〜

そして、今日1日でかなり腰痛治療がパワーアップしました

 

今までの治療の3倍はパワーアップしてます。

 

明日も一日あるので、さらに3倍になるでしょうね。

 

倍の倍

 

9倍はパワーアップして福島に帰ります。

 

来週来院される患者様

 

楽しみにしててください。

 

そして今後も腰痛治療のスキルを高め続けていきます。

 

本気で腰痛を治したいとお悩み方

 

本気出して腰痛を治している治療家の施術を受けてください

色々な治療を受けても改善しない時は、是非治療をされている先生の目をみてください

きっと本気であなたの腰痛と向き合っていないはずです

貴重な時間とお金を無駄にしないでください

 

 

 

では!

来週来院される患者方、気をつけてお越しください( ^ω^ )

9倍パワーアップした治療を提供します!!

 

東京新橋のホテルより

院長  服部 誉司

 

 

 

 

お尻が硬くて腰痛になっていませんか?

こんにちは!院長の服部です!

新生活の忙しさにみなさん慣れてきた頃でしょうか?

当院では副院長の伊藤先生が新しく仲間に加わりました!

副院長に関しては追って紹介させていただきます!かなり凄腕ですのでみなさん期待していてください( ^ω^ )

 

さて、本日は腰痛の方に多い原因の筋肉をご紹介していきます。

本日ご紹介するのはズバリお尻(臀筋)です。

多くの方がお尻が硬くて腰痛になっています。

 

特に腰だけじゃなくて膝も痛い方は間違いなくお尻の筋肉が硬くなってしまい腰痛になっていらっしゃいます。

お尻の筋肉は骨盤と腰の筋膜から太ももにらに付いています。また、多くの筋肉の不着部でもあります。

その為、お尻の筋肉が硬くなると骨盤を歪ませたり、筋膜の滑走性を阻害してしまい、腰に痛みが出ます。

デスクワークでずっと座っている方、歩く時にガニ股の方、足がむくんだり、こむら返りする方は特にお尻が硬くなっていることが多いです。

腰を前にや後ろに曲げて痛い方、身体をひねる時に痛い方、動き始めが痛い方、ずっと座っていると腰が痛い方は一度お尻の硬さを確認する必要があります。

 

確認の仕方は以下の手順で行いましょう。

1 痛い動きを探す

前屈や後屈、または身体を左右にひねってみて痛い動きを確認して下さい。

2お尻を押して同じ動きをする

例えば前屈して腰が痛い場合はお尻を押しながら前屈します。

まずは右のお尻を押しながら前屈。

次に左のお尻を押しながら前屈。

左右どちらかのお尻を押しながは前屈してみて、腰の痛みが軽減していれば、お尻の筋肉が硬いことが原因で腰が痛いことがわかります。

後はお尻の筋肉を治療すればあなたの腰はかなり楽になりますよ。

 

腰が痛くても腰に原因があることはまれです。腰以外にが原因があり、結果的に腰に痛みがでていることがほとんどです。

腰痛一日でも治したいとお悩みの方は、まず腰痛の原因をしっかり探していきましょう。

 

特にお尻(臀筋)が硬くて腰が痛い人は非常に多くいらっしゃいます。

 

是非一度、お尻の筋肉に注目してみてください( ^ω^ )