ギックリ腰になったら

こんにちは!

院長の服部です!!

日曜日にニトリで温度調節機能がある掛け布団を購入したのですが、想像以上に暖かくて寝苦しかったです 笑

一番安価の薄い掛け布団にすれば良かったなと思いました 笑

さすがお値段以上ですね!!

そんなニトリでの買い物中だったのですが、患者様からLINEが入りました。

「ギックリ腰になってしまい、真っ直ぐに立てません。
何か応急的にできませんか??」

とのこと

みなさんもこんな経験ありませんか?

日曜日にギックリ腰になってしまい、病院も治療院も開いていない(T ^ T)

辛いですよね

ギックリ腰になった方は分かると思いますが、少しでも身体を動かすと激痛が走るんですよね。

腰が抜ける感じがしたり、おじいちゃんおばあちゃんのような立ち方になってしまったり…..

では、万が一ギックリ腰になってしまった時に、少しでま早く改善する方法をご紹介します。

・首に力を入れる

・壁や机にも壁や机にもたれれかかりながら可能な範囲で足踏みをする

・熱いお風呂に入る

・どんどん水を飲む

以上の4点を実践すると、何もせずに安静にしているより早く改善していきます。

一つずつ解説していきますね。

まずは[首に力を入れる]

具体的に言うと、どんな姿勢でもいいので後頭部で床や壁を押すイメージです。

例として仰向けになっている状態で、アゴをあげる感じで後頭部を思いっきり床に押し付けます。(クッションなどを敷いてくださいね)

こうすることで首の動きが良くなり、腰の負担が減ります。

僕のブログでも何回か紹介させていただきましたが、首と腰は連動して動いています。

首の動きが低下すると腰の負担が増えますので、しっかりと首を動かしましょう。

少し余裕がある時は肩や肩甲骨も動かしてあげるとGOODです。

次は
[机や壁にもたれかかりながら可能な範囲で足踏みをする]

ギックリ腰になってしまうと、腰を曲げることができなくなってしまいます。

特に、僕のブログでも何回も出てくる「大腰筋」がガチガチになります。

大腰筋の動きをつけてあげると、腰が早く楽になりますので頑張りましょう。

では、調整方法をご紹介します。

やり方はシンプルです

まずは机や壁に両手を置きましょう。

次にゆっくりと右膝をあげます。

今度は左膝をあげます。

これを交互に20回から30回頑張りましょう。

当然、膝をあげる高さは可能な範囲で大丈夫です。

少し辛いですが、膝をあげることにより、大腰筋が収縮し、降ろす時に弛緩します。
これを繰り返すと大腰筋の柔軟性が復活していき
腰を曲げるリハビリになります。

2人以上いる場合は、骨盤を思いっきり締めてもらいながら行うと更に効果的です。

次は

「熱いお風呂に入る」

です。

基本的にギックリ腰は全身の筋肉疲労です。

ハードワークをしていたり、身体が疲れている時になってしまいます。

ですから、熱いお風呂に入っていただき、筋肉の血流を良くしてあげてください。酸素と栄養が筋肉に行き渡るので筋肉疲労が改善します。

最後は

「どんどん水を飲む」です。

これがすごく大事です。

人間の身体の60パーセントは水でできています。

また、筋肉の90パーセントは水です。

また、栄養や酸素を届ける血液、老廃物や脂肪を流すリンパ液も水です。

水がなければ治りが遅くなります。

身体を良い状態に保てないんですね。

水を飲むことも治療になりますので頑張って飲みましょう!!

目標は2リットルです。

ちなみ僕は毎日3リットル飲んでいます( ^ω^ )

ギックリ腰は予防が大切です。

ギックリ腰は一度なると必ず再発します。

是非適切にケアして再発を予防しましょう。

ふくしま接骨院

024-502-6612

院長

服部 誉司

腹筋を鍛えると腰痛は治るのか?

こんにちは!

院長の服部です!!

今日は爽やかな天気ですね( ^ω^ )

先日、姉からランニングシューズをいただき、2日に一回ジョギングしています!

みなさんは何か運動はされていますか??

慢性腰痛でお悩みの方は色々な運動を試されていると思います。

また、病院や治療院に行くと運動不足ですよとか、腹筋を鍛えてくださいと指導されることが多いと思います。

テレビなどでも頻繁に腹筋を鍛えて腰痛を治しましょうと言われていますよね。

さて、

本日は「腹筋を鍛えると腰痛が治るのか?」
について書いていきます。

結論から言うと、腹筋を鍛えて腰痛が治った方を見たことがありません。

逆に、国体選手など、腹筋がバキバキに割れているのに腰が痛い患者様は良く診ます。

腹筋を鍛えているスポーツ選手で、腰痛の方ってたくさんいますよね??

腹筋か弱くて腰が痛いというのは正直考えにくいんです。
腹筋を鍛えて腹圧を高めて腰痛を改善する見込みがある方の調べ方としては、コルセットを腹部に巻いて腰が楽になる方だけです。

稀ですけどね。

むしろ、腹筋が硬くなってしまい腰が痛い方が多いです。

筋肉は硬くなってしまうと力を出せないという性質があります。

ゴムと同じですね。

ゴムも柔軟性があれば力強く伸びますが、硬くなってしまうと伸びないし、切れてしまいますよね。

腹筋を毎日やる前に、まずは筋肉の柔軟性を出して、力を出せる状態にすることが大切ですよ!!

院長

服部 誉司

歩くと腰が痛くなる原因

こんにちは!

院長の服部です!!

今日は久しぶりになにも予定のない完全オフです( ^ω^ )

天気は微妙ですが、のんびり掃除洗濯をやっていきます。

さて、前回は立っていると腰が痛くなる原因の一つをご紹介させていただきました。

今回は歩っている時に腰が痛くなる原因をご紹介していきます。

歩行距離に個人差はありますが、歩くと腰が痛くなる方は大勢いらっしゃいます。

仕事や買い物の際など、歩く機会は多い方にとっては非常にやっかいな症状です。

では、歩くと腰が痛くなるのでしょうか??

原因の筋肉は

ズバリ

「大腰筋」です

以前も紹介させていただきました大腰筋です。

この筋肉が硬くなってしまうと歩く時に腰が痛くなるんですね。

もちろん、大腰筋が原因ではない場合もあります。

しかし、以下のテストに少しでも当てはまる場合はあなたの腰痛の原因に大腰筋が関わっている可能性が高いです。

・片足立ちするとふらつく、5秒間片足立ちが維持できない

・仰向けで膝を伸ばしたまま、片足を90度以上あげられない

・階段を上がるのが辛い、もしくは腰に痛みがでる

・椅子に座った状態で、片膝を90度以上あげられない

これらに一つでも当てはまる方は大腰筋の機能低下が考えられます。

その結果、歩く際に大腰筋がしっかりと働いてくれず、ふらついたり、身体を安定させる筋肉に負担がかかってしまい腰に痛みがでてしまいます。

そういった方は大腰筋をリリースしてあげると、大腰筋が本来の働きしてくれますので、歩くと腰が痛くなることがなくなります( ^ω^ )

歩くと腰が痛くなる方は是非ご自身で検査してみてください(゚∀゚)

もちろん、当院に来院していただきますと、もっと細かいところまでしっかりと検査していきます。

痛みには必ず原因がありますので、色々な治療法や薬を試す前に、しっかりとご自身の痛みの原因を調べましょう。

痛みを改善するためには、まずは痛みの原因を把握することが絶対に必要です。

院長

服部 誉司

立っていると腰が痛くなる原因

こんにちは!

院長の服部です!!

昨夜は寒さのあまりストーブをつけていました 笑

週末からお天気は回復するようですが、寒暖差が凄まじいですね(^_^;)

さて、本日は「立っていると腰が痛くなる」原因の一つをご紹介していきます。

程度の差はありますが、立っていると腰が痛くなることな悩んでいらっしゃる方は非常に多いです。
仕事や家事など、立っている機会は多いので、立っていて腰が痛くなることを体感される方が多いんです。

ひどい方は痛くて立っているのが困難な方もいらっしゃいます。

立っていられないと日常生活に大きく支障をきたしますので、しっかりと治していきましょう。

それでは、立っていると腰が痛くなる原因を紹介していきます。
ただし、原因は一つではなく、いくつかあります。
今日はその中の一つをご紹介します。

ズバリ

「膝関節」です。

簡単にいうと膝が伸びきっていないんです。

膝関節は、伸びきっていると太ももの骨とふくらはぎの骨がしっかり噛み合うため、筋肉に負担をかけずに楽に立っていることができます。

しかし、膝関節が伸び切らずに、曲がった状態ですと太ももの骨とふくらはぎの骨が噛み合わなくなり不安定な状態になります。その代償として必要以上にふくらはぎや太もも、お尻や背筋腹筋が緊張します。結果として立っていると腰が痛くなるんですね。

膝が伸び切らなくなっているのは、太ももとふくらはぎの筋肉の滑走性の低下、膝関節の捻れなどが原因になっています。

立っていると腰が痛くなる方は、ご自身の立ち姿を写真で確認してみてください。
膝関節が伸び切らずに立っているのであれば、膝関節が原因になっている可能性が高いです。

院長

服部 誉司

痺れは治ります その2

こんにちは!

院長の服部です!

今日からゴールデンウイークスタートですね!!

天気も良好🌞

休みの人も仕事の人も元気にいきましょう♪

さて、今日は前回の痺れは治りますよというお話の続きを書いていきます。

痺れる場所は人によって様々ですが今日は坐骨神経痛についてご紹介していきます。

坐骨神経という人体で最も太い神経に圧迫や伸長の刺激が加わりお尻や太ももが痺れてしまうんですね。

年齢性別問わずに苦しんでいる方が多くいらっしゃいます。

坐骨神経痛の原因になる筋肉や筋膜はたくさんあります。その中で一番原因になっている筋肉はこちらです。

[梨状筋]です。

骨盤(仙骨)から太ももの骨(大転子)に付いている筋肉で股関節を開いり後ろに動かす筋肉です。

この筋肉は坐骨神経のすぐ隣、もしくはこの筋肉の中を坐骨神経が走行しています。

そのため、この筋肉が硬くなってしまうと坐骨神経を刺激してしまい、お尻や太ももが痺れます。

実際に当院に来院される患者様の多くが梨状筋の硬さによってお尻や太ももに痺れがでています。

梨状筋によって痺れているか見極める方法は簡単です。
痺れがある状態で梨状筋を押圧するだけです。

梨状筋を押圧すると痺れが軽減もしくは消失する場合は梨状筋が原因で痺れがでています。

2.3日前からの痺れも、長年の痺れも関係ありません。
梨状筋が原因なら梨状筋が緩めば痺れはなくなります。

梨状筋を押圧しただけで痺れがなくなると、みなさんびっくりされます。

「何年も薬を飲んでも治らなかったのに」

「魔法みたい」

などなど

魔法でもなんでもないんです。

ただ正確に梨状筋を押圧して、後は丁寧に緩めるだけです。

レントゲンでも原因がわからない

薬を飲んでも治らない

マッサージに行っても治らない

そんな辛い痺れでお悩みでしたら、検査だけでも受けに来てください。

院長

服部 誉司

肩こりと腰痛 その2

こんにちは!

院長の服部です!

今日は春の嵐です☔︎

往診で高速道路で国見に向かっている際の雨が物凄かったです(^_^;)

鉄人衣笠さんがお亡くなりになりましたね。

まだまだお若く、これからも色々と期待されていた鉄人がお亡くなりになってしまいショックを受けています。

2215試合連続出場という世界記録を樹立され、常に周囲の人に敬意を払う姿は、敵味方問わず見ている人清々しい気持ちにさせていただきました。

特に印象に残っているのはデットボールにあった後に、相手投手に気にするなというジェスチャーをする姿は、今見ても涙が出そうになります。

強い肉体と精神の鉄人衣笠さん、ご冥福をお祈りします。

そて、今日は肩こりと腰痛を併発されている方について、またご紹介したと思います。

腰だけが痛いっていう方は少なくて、ほとんどの方が腰以外にも悩みを抱えています。

特に腰痛と肩こりで悩んでいる方は多いです。

肩こりは肩の骨が悪くて、腰痛は腰骨が悪い。

そう思っていますか??

実は肩こりと腰痛はある筋肉が原因でおきます。

では、肩こりと腰痛を併発させる原因筋とはどこでしょうか??

[広背筋]

です

青い部分が広背筋になります。

骨盤から肩甲骨をまたいで、腕の骨に付いています。

この筋肉が硬くなると肩こりと腰痛になってしまうんです。

また、寝違えの原因にもなります。

画像で見て分かるように、非常に大きい筋肉ですので、
痛みや歪みを生じさせてしまうんですね。

重量物を扱う方、腕を良く使う方は広背筋が硬くなりやすいので要注意です。

今日は広背筋を簡単にストレッチする方法をご紹介します。

やり方はとっても簡単です。

両手を上にあげて、片方の肘を持ってください。

あとはそのままの状態で身体を横に倒します。

倒してる側と反対側の脇がストレッチされていることを感じれると思います。

このストレッチをやると、腰や首を横に倒す可動域が上がりますので是非試してみてください( ^ω^ )

もっと詳しくセルフケアを知りたい方はふくしま接骨院にお問い合わせください。

LINEからでも受け付けております!

🆔 @cdr9278w

院長

服部 誉司

首からくる腰痛 その1

こんにちは!

院長の服部です!

昨日まで真夏の暑さでしたので、今日の気温は肌寒く感じます(T ^ T)

みなさん急激な寒暖差でら体調を崩していないでしょうか?

さて、今日は首が原因の腰痛についてご紹介していきます。

首が原因の腰痛はいくつかありますので、今日はその中の一つをご紹介していきます。

まず、原因になっている筋肉なのですが、

[後頭下筋群)です。後頭部の下の青色になっている筋肉ですね。

この筋肉は、頭を上に向ける時や、首を後ろに倒す時に働きます。

こんな小さい筋肉が腰痛に関係あるの?

そう思ってます??

関係あるんです。

もちろん首の痛みに密接に関係していますが、腰痛の原因にもなります。

特に椅子から立ち上がる際の腰痛がある方はほとんど後頭下筋群が原因になっています。

では、その理由をご説明していきます。

実は首の骨と腰の骨は連動して動いています。

上の青い部分が頚椎という首の骨です。
下の青い部分が腰椎という腰の骨です。

この2種類の骨は、身体を前後に曲がる時に連動して動きます。

しかし、パソコンやスマホの使い過ぎで首の筋肉が硬くなると、身体を前後に曲がる際に首の骨の動きが低下します。首の骨の動きが低下すると、腰の骨がその分をカバーして、正常より大きく動こうとします。
そうすると、必要以上に腰骨が動くので腰が痛くなってしまいます。

こういうタイプの腰痛の方は、腰にいくら注射やマッサージをして良くなりません。

だって首が原因だからですよね。

特にデスクワークをされている方や長時間目を使う方は
眼球を動かす筋肉を常に緊張させています。
眼球を動かす筋肉と後頭下筋群は同じ神経によって収集します。その為、長時間目を酷使すると後頭下筋群も硬くなってしまい、上を向くという首の動きが低下します。
ここで一度試して欲しいのですが、座っている状態から立ち上がってみてください。
まず首が上を向くように動くのがわかりますか?
首が下を向いたまま立ち上がるのはかなり不自然な動きになり、立ち上がりにくいのです。

後頭下筋群が硬くなると、立ち上がる際に腰の骨が必要以上に動く為腰に痛みがでてしまうのですね。

あなたは首の動きが低下していませんか?

気になる方は是非当院で検査してみてくださいね( ^ω^ )

ホームページを見てご来院していただくと初診が通常5100円のところ、2980円になります。

中々良くならない腰痛、首の痛みでお悩みの方はふくしま接骨院にお問い合わせください。

院長

服部 誉司

水で腰痛を治す

こんにちは!

院長の服部です!

今日は30度まで気温があがるみたいです!

真夏日ですね(^_^;)

気温が上がると熱中症対策に水を飲むように注意喚起している方、または心がけている方が多いのではないでしょうか?

人間の身体の60%は水で構成されていますから、高温になると汗で水分を失いますから水分補給は大事ですよね。

 

実は、腰痛治療にも水分補給が大切なのです。

 

え、腰痛と水分って何か関係あるの??

 

 

 

 

あるんです。

 

 

身体の60%は水で構成されていますよね。

では、筋肉は何%が水だと思いますか??

 

50%?

 

60%?

 

70%?

 

 

いやいや

 

 

90%です。

 

筋肉はほとんど水で構成されています。

 

 

腰痛の原因はほとんどが筋肉と筋膜の硬さです。

 

筋肉が硬いと、腰痛になるリスクが一気に上がります。※筋肉の柔らかさと関節の柔らかさは少し違います。これについては今後ご紹介します。

筋肉の水分量が少ないと筋肉が硬くなり、血液や神経の流れ、可動域が低下していき腰痛になります。

 

長年の腰痛に苦しんでる方をカウンセリングしていると、みなさん水分摂取量がものすごく少ないです。

 

その為、筋肉が必要以上に硬くなってしまうのです。

 

筋肉の水分量が少ない状態で治療やストレッチを行なっても、思うよな結果は得られません。

 

なかなか腰痛が治らずにお悩みの方は、まずは水を飲むことから始めていきましょう。

 

1日に必要な水分量は以下のようになっています。

 

体重×30mℓ=1日に必要な水分量

 

僕の場合は体重が72キロですので

72×30mℓ=2160mℓ(2.16ℓ)

となります。

是非みなさんも適切な水分を補給して下さい。

 

ちなみに僕は毎日3ℓ飲んでいます( ^ω^ )

 

院長

服部 誉司

 

 

 

腰痛と肩こりを併発

こんにちは!

 

院長の服部です( ^ω^ )

 

いや〜無事終了しました!

東京で2日間みっちりの腰痛治療の勉強会が!!

 

昨日一日でかなりパワーアップしましたが、今日は早朝から特別なワークを行ない、自分の身体と感覚を研ぎ澄ましてからの勉強会に参加。

昨日一日で腰痛治療が3倍パワーアップしましたが、今日は3倍どころか10倍パワーアップしました。

 

パワーアップしすぎて武者震いしてます

 

また、最新の健康知識も豊富に得て来ましたので、なんらかの形で患者様に還元したいと思ってます。

 

 

さて、当院は腰痛治療に特化しています。その為、腰痛の患者さんを多く診させていただいてます。

そして、腰痛の患者様の2人に1人の方が肩こりを感じていらっしゃいます。

その方達はみなさん「肩こりは我慢出来るけど腰が痛いから、腰をどうにかして欲しい」とおっしゃります。

 

 

しかし、肩こりだけ残して腰だけが治るってことはまず無いです。

 

 

実際に僕の治療を受けてみないとピンもこないと思いますが、肩こりから腰の痛みがでます。

 

少し細かく言うと、肩甲骨が原因で腰に痛みが出てる方が非常に多いです。

 

肩甲骨の間に手が入らない

 

デスクワーク

 

手を良く使う

 

首、肩がこる

 

頭痛や眼精疲労がある

 

こういった自覚症状や日常生活がある方は、肩甲骨のアライメントや可動域不足により腰に痛みがでています。

 

ですから、肩甲骨に腰痛の原因がある方は腰だけを揉んだり、腰周囲だけを治療しても良くなりません。

 

原因のほとんどが肩甲骨にあるから

 

 

上半身だけでなく、下半身シビレも肩甲骨が関係していることが多いです。

 

もしあなたが、肩こりがあり、腰に痛みがある、またはシビレがあるのであれば一度肩甲骨のアライメントや可動域、硬さを検査してみてください。

何か変化があります。

 

当院では肩甲骨の治療を得意としておりましたが、明日から90倍パワーアップした治療を行います。

 

肩こりと腰痛、お尻やシビレがある方は是非相談にいらしてください。

 

治療を受ける受けないに限らず、何かしら有益なアドバイスを致します。

 

それでは明日からまたよろしくお願いします!!

 

東京駅のスタバから

 

院長    服部 誉司

 

 

 

 

東京にて勉強会

こんばんは

当院は基本的に祝日がなければ月曜日から土曜日まで毎日夜20時まで予約を受け付けています。

 

しかし今日はお休みさせていただき、朝から東京で勉強会に来てます。

 

朝から夜までひたすら腰痛に関して勉強し、現在は東京の新橋のホテルにいます。

明日も朝から勉強会がありますのでそろそろ寝ます 笑

今日1日濃かったな〜

そして、今日1日でかなり腰痛治療がパワーアップしました

 

今までの治療の3倍はパワーアップしてます。

 

明日も一日あるので、さらに3倍になるでしょうね。

 

倍の倍

 

9倍はパワーアップして福島に帰ります。

 

来週来院される患者様

 

楽しみにしててください。

 

そして今後も腰痛治療のスキルを高め続けていきます。

 

本気で腰痛を治したいとお悩み方

 

本気出して腰痛を治している治療家の施術を受けてください

色々な治療を受けても改善しない時は、是非治療をされている先生の目をみてください

きっと本気であなたの腰痛と向き合っていないはずです

貴重な時間とお金を無駄にしないでください

 

 

 

では!

来週来院される患者方、気をつけてお越しください( ^ω^ )

9倍パワーアップした治療を提供します!!

 

東京新橋のホテルより

院長  服部 誉司